ウォーターサーバー

お水を飲めば美容や健康に効果が期待できる?お水と身体に及ぼす影響について知ろう!

TRYKMAGAZINE
トライクマガジン
水をうまく活用することでおもっちりとした綺麗なで美肌は作れる!!

水は健康や美容に良いとされてます。
そして、お水は生活する上で欠かすことが出来ない。

それもそのはず、私たちの体の半分以上は水分で出来ています。

お水は肌にとってとても重要な役割を担っており、肌を清潔に保ちます。
美容効果にも期待ができるお水ですが、身体の影響にも大きくかかわってきます。

水分が不足すると、お肌の乾燥や皮膚のカサカサが目立ってしまいます。

さらに、毛穴やほうれい線なども目立ち老けた印象を与えてしまします。

一方、健康面で水分が不足すると、めまい、吐き気、脱水症状などを引き起こす原因になります。

健康な身体や潤いがあるお肌を維持するためには、毎日の水分補給は大切です。

そこで、身体とお水の大切さと水分が不足すると身体に及ぼす影響についてご紹介していきます。

トラブルが起こる前に水分補給の大切さを理解したうえで健康な身体とお肌のトラブルを未然に防ぎましょう。

身体とお水の関係性

人は、毎日多くの水分を必要としています。
水分が不足してしまうと身体に大きく悪影響を及ぼしてしまい、生命の危機にもつながります。
例えば身体から水分が不足すると以下のような症状がでます。

水分の約2%失われると:のどが渇く
水分の約5%失われると:めまい・頭痛。脱水症状
水分の約10%失われると:手足の震え、ふらつき、呼吸困難
水分の約15%失われると:失神・飲み込み困難、皮膚のひび割れ
水分の約20%失われると:生命の危機、死亡

水分が失われると血液濃度が高くなり、いわゆる血液ドロドロ状態になってしまいます。これにより血行が悪くなると、体調不良だけでなく脳梗塞や心筋梗塞などを誘発する可能性もあります。

つまり、人が生きていくうえで、水分の摂取は欠かすことができないモノです。

また、高齢者になると、体内の水分量が減少していきます。
成人で水分量約60%だったのが、年齢を重ねると約50%ほどになります。

年を取るごとに。お肌の乾燥や肌荒れ・シミ・シワなどのトラブルが増える傾向にあります。

水分が与える身体への作用

先ほどは、お水と身体への悪影響について紹介しましたが、次は身体への作用をご紹介します。

水分摂取量とお肌の質は=(イコール)と考えいいでしょう。

水の作用①リンパの改善・老廃物が排出される

お水を摂取することでリンパの流れを改善され、体内に溜まった老廃物を排出します。

また、リンパの流れがよくなることで体調が優れ、肌荒れ防止にもなります。

一方、リンパの流れが悪くなると、むくみや肌荒れを引き起こす原因になるでしょう。

水の作用②酸素や栄養が届きやすくなる

水を摂取することで、血流がよくなりお肌への酸素や栄養が届きやすくなります。

血液量が増加し血液中の水分濃度が高くなり、さらさらとした健康な血液になります。

水分が不足すると血液中の濃度が低下し、ドロドロの血になってしまいます。
つまり、血液の流れが悪くなるとお肌や身体に酸素や栄養が届かず、肌荒れや体調不良を起こす原因となります

水の作用③健康的な肌細胞を維持できる

お肌の細胞は、常に新しい水分を入れ替えることで、健康なお肌を維持しています。

水分を日々摂取することで、古い水を外に排出して新しい水を交換してくれます。

水分不足になると、代謝が悪くなり、古い水のままで細胞も新しく生まれ変わりません。
いつも(毎日)お水を摂取していれば、お肌の細胞も常に健康的でみずみずしさも感じられます。

美白を目指すための水分補給

美しい肌を目指すための水分の取り方をご紹介します。

お水の取り方①常温の飲料水

常温で飲むお水は胃腸への刺激が少なく、体温もほとんど奪われません。 身体への負荷も少ないため普段の水分補給に適しています。

また、冷たすぎると体内を冷やしてしまう恐れがあります。
体温が下がると内臓が冷えると新陳代謝が低下してしまい、むくみの原因ともなります。

きれいな肌細胞を維持するには、飲料水を適度な温度に調整して水分補給しましょう。

お水の取り方②摂る時間帯

夜寝る前と朝一番にお水を飲むと、血流がよくなり健康な身体を実現できます。

夜冷たい水を飲んでしまうと、胃腸が刺激され朝一に便秘の症状が出る恐れがあるんので常温で飲むようにしましょう。

お風呂やサウナ前にお水を飲むと発汗が促され老廃物がスムーズに排出されます。お風呂上がり、サウナの後にも水分補給をしましょう。さらに血流が促され肌荒れの改善にもなります。

間違った水分補給の仕方

美しい肌を作るには大量の水を摂取すればよいというものではありません。

自分に適した料と、冷たすぎない常温の飲料水を自分に合った適量で、こまめに飲むことが正しい水の取り方です。

では、間違った水分補給を以下にご紹介しています。

間違った取り方①カフェイン飲料は適量に

カフェイン飲料はNGではありませんが、コーヒーや緑茶などのカフェインを過剰に摂取してしまうと、飲んだ量以上に水分が対外に排出されてしまいます。

体内の水分が失ってしまうため、肌トラブルを起こりやすくなります。

1日のカフェイン摂取の目安は3杯までにしましょう。

また、カフェインを含んでいないハーブティーや麦茶を選択するのもいいかもしれません。

間違った取り方②糖分の多いジュースはNG

糖分を含むじゅーずを多く飲みすぎると、体内で消費できなかった糖分が水分と一緒にため込まれていきむくみの原因になります。

糖分濃度があまり高くないものを選ぶようにしましょう。

また、糖分も体にとって大事な役割を果たします。適量で飲むようにしましょう。

お水と肌の関係について
1日にどれぐらいの水分補給が必要?

気温の適した季節でも人間の体内から1.5L~2L近くの水分が失われています。

個人差はありますが、平均すると1日に2L~3Lの水分補給が必要になってきます。

身体の健康維持のためや肌のコンディションを整えるためには、適した量の水分補給を心がけることが大切です。

効果的なお水の飲み方とは?

水分が不足すると肌荒れや肌のくすみを引き起こす原意になります。

朝起きた時と寝る前にコップ1杯の常温のお水を。
冷たすぎると腸に過剰な刺激を与える結果となり、便秘や腹痛の原因もなる恐れがあります。

寝ている間の水分を補うことで健康で調子の良い肌になることと思います。

お水を飲みすぎるとむくむ?

水分を摂り過ぎことでむくむということはありません。

むくみの原因は、立ち仕事やデスクワーク、運動不足などでリンパの働きが悪く、代謝機能が低下しているとむくみになる恐れがあります。

適度の運動を心掛け水分を補給しましょう。

あとがき

今まで何気なく飲んでいたお水ですが、生きていく中でお水は重要だということがわかりました。

お水は健康面はもちろん肌の調子も整えてくれます。
ウォーターサーバーのお水は多くのミネラル成分が含んでいたり、いつでもすぐに常温で飲めます。

自分の体や目的に合った最適なお水と適量のお水を飲むことで、よりお健康面も美容面も効果が期待できます。