MENU

ウォーターサーバーの電気代って高い?実際にいくらかかるの!!【徹底解説】

ウォーターサーバー電気代
TRYKMAGAZINE
TOH
月額料金の他に電気料金もウォーターサーバーはかかるんだ。
どのくらい電気代がかかっているのか見ていこう。
手軽にいつでも天然の温水・冷水を使えるとして普及が広がっているウォーターサーバー。

ウォーターサーバー導入を検討している家庭が多くなってきてる中、月々どれくらい支払うか気になるところです。


中でも特に心配されるのが電気代です。

ウォーターサーバーを使い続けている間は、必ず電力を必要とします。

一体、どのくらいの電気代がかかるものなのでしょうか?

ここでは、ウォーターサーバーの気になる電気代についてご紹介しています。

ウォーターサーバーにかかる「電気代」

ウォーターサーバーの使う種類によって1日もしくは1ヵ月の料金は異なります。

使用環境によって若干の差は生じますが、比較的多くの電力を消費するタイプで「約1,000円/月」ほど、消費電力が少ないタイプ(エコモード)で「約500円/月」が大体の目安です。

また、ウォーターサーバー内部に熱湯を循環させて、汚れや雑菌を除去するような機能があるクリーン機能が搭載されているタイプはより電力を消費する傾向にあります。

ウォーターサーバーの電気代って高いの

ウォーターサーバー電気代

電力量(Wh)によっても異なりますが、結論から言うと、
お湯を沸かすときに使用する電気ケトルや電気ポットと比べて、電気料金はあまり変わりません。

一度に大量のお湯を使えるウォーターサーバーですが、それだけ電力を消費するイメージはあります。

ところが実際には、電気ポットとウォーターサーバーでは1カ月に消費する電力量はほぼ変わらないと言われています。

電気料金の計算方法
消費電力(W)×時間(h)=電力量(Wh)
Wh÷1000=(Wh)[top]電力量(Wh)を1時間で使った料金で分かりやすくするにはkWh(キロワットアワー)に換算する必要があります。[/top]

例えば電気ストーブが500Wなら

500W×1h=500(Wh)
500(Wh)÷1000=0.5(Wh)になります。

次にそれぞれ契約している電力会社の1kWhあたりの電力量料金をチェックします。
例えば21円なら21円×0.5(Wh)=10.5円です。

一方、ウォーターサーバーの場合は、常に短時間でお湯を沸かせるような水温が一定に保たれているため、熱湯を一から沸かす場合よりも少ない電力でお湯を沸かすことができます。

そのため、多くの電力を消費するタイプでも1ヶ月にかかる電気代は、1,000円前後。

電気ポットとほとんど変わらない電気代で冷水と温水を両方使える点を考慮すれば、ウォーターサーバーにかかる電気代は、決して割高ではないことがわかります。

ウォーターサーバーの温水・冷水を継続維持できる仕組み

ウォーターサーバーは常に温水と冷水を手軽に使うことができます。
どのようにして温水と冷水を保たれてるか確認していきましょう。

継続維持温水

ウォーターサーバーの温水はこの繰り返しでお水の温度を保っています。

温水タンクの保温性を高めることで、通常使用時の消費電力を抑えています。

また、エコモードをオンにしている場合、就寝等でお部屋が暗くなった状態をエコセンサーが感知すると、自動的に加熱装置(ヒーター)の電源を切ることで、通常使用時と比べ消費電力を抑えることができます。

継続維持冷水

温水とは反対で一定の温度を上回った場合に冷却装置が働き始め、冷水の設定温度を下回るまで働き続けます。

この冷却装置にはコンプレッサーという部品が使用されており、冷蔵庫やエアコンにも組み込まれている仕組みと同じものです。

以上のように、加熱装置(ヒーター)や冷却装置(コンプレッサー)が動作する際に電気を使って、温水や冷水の温度を保つ仕組みとなっています。このように、保温性・保冷性が高いから頻繁な加熱冷却でも電気代を必要最低限に抑えることができています。

ウォーターサーバーの電気代を抑える方法

ここではウォーターサーバーの電気代を抑える方法をご紹介していきます。

抑える方法①省エネタイプのウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーの電気代を安く抑えたい方は使わない時間帯の消費電力を抑える「省エネモード」を搭載したモデルを選びましょう。

ウォーターサーバーは1時間に1~3回程度しか使わないため、使用しない時間帯は省エネモード(エコモード)搭載を選ぶことによって月々の電気代は安く抑えれます。


各ウォーターサーバーによって電力や1日の電気代の目安・省エネモード搭載か確認の上選んでいきましょう。

抑える方法②電源を切らない

電源を切ってしまうと、クリーン機能が停止し電源ONにすると強い電力で作動されてしまうためコンセントは繋いだままにしておきましょう。

また、一からお湯を沸かさなければいけなくなるため、電気代が通常より高くなってしまいます。

さらに、内部で雑菌が繁殖されてしまう恐れがあるため十分に注意しましょう。

ライターからひとこと

ウォーターサーバーは電気代がかかるというイメージが強く、電気ポットを使用するご家庭もあるかもしれませんが、実際に使ってみると、その差はあまり感じられないという声も多く聞かれます。

安全性や利便性など、様々なメリットが得られるウォーターサーバーは、一度使い始めたら手放せないものとなるはずです。

ウォーターサーバー電気代

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)