ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは一人暮らしに必要。必要じゃない。

TRYKMAGAZINE
TOH
ウォーターサーバーを一人暮らしだから諦めるのはもったいない。

ウォーターサーバーはもともと病院や飲食店、オフィスなどに多く使われていましたが、現代では家庭で1台持っている方が急増しています。

ウォーターサーバーは家族などの利用人数が多い場合に使用されるイメージですが、一人暮らしの方でも大活躍しれくれる『ウォーターサーバー』

ウォーターサーバーの利便性はもちろん高いですが、一人暮らしの生活に果たしてウォーターサーバーは必要なのか?

実際に、ウォーターサーバーの利便性とメリット・デメリットについて簡単にご紹介します。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー
メーカー名 定期注文数 平均月額 公式サイト
ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター

2 2,500円
フレシャス

フレシャス

2 3,600円
プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

2 3,656円
コスモウォーター

コスモウォーター

2 3,800円

※すべて税別価格で表示しております。

ひとり暮らしにこそ嬉しいメリットとは

ウォーターサーバーを活用する上で一人暮らしこそ嬉しいメリットを簡単にご紹介していきます。

メリット①定期的にお水を買いにいく必要がない

一人暮らしの方でウォーターサーバーを活用する最大のメリットは定期的にお水を買いにいく必要がないことです。
食事の時や日頃の飲料がお水の場合ペットボトルをまとめて購入する必要があります。

スーパーやコンビニでお水を買って自宅まで持ち帰るのは一苦労

その点、ウォーターサーバーは定期的にお水を玄関まで配達してくれるので重たいお水を持ち帰る必要がありません。

受け取る時間を設定しておけば、好きな時にお水を受け取ることができます。

メリット②ドライフリーズやインスタント作りは時短

一人暮らしの方にはインスタントドライフリーズは欠かせません。
料理する方やインスタント系で済ます方は様々ですが、不純物を取り除いた天然水でお湯を沸かすことでコーヒーやカップラーメン、みそ汁などを手軽に作れるのもウォーターサーバーの魅力の一つです。

ウォーターサーバーの選び方

実際に契約を行う上で抑えておきたいポイントをご紹介していきます。

選ぶポイント1サイズや空間の設置場所から選ぶ

一人暮らしのウォーターサーバーを選ぶ上で最も気にしたいのがスペースです。
狭い部屋で卓上タイプを選んでしまうと圧迫された感じが起こりうるかもしれません。
一人暮らしのウォーターサーバーの選ぶ重要ポイントはスペースをとらないサーバーを選ぶことです。

最近のウォーターサーバーは省エネタイプや、チェストやキッチンの隅に置くことができる卓上タイプなどのコンパクトサーバーが多く出てきています。

選ぶポイント2収支に似合うプラン

ウォーターサーバーを選ぶ上で最も重要視したいポイントは、料金です。

契約から解約年数まで約2年~3年と設定されており、毎月固定で支払っていかなければなりません。(契約年数は各メーカーによって異なります)

ですので、あなたの収支と照らし合わせて、適したサーバーを選びましょう。

また、各メーカーによってサーバー代金がかかります。デザインが優秀で高額なサーバー代を月額払っていては、家計が圧迫してしまいます

総合的なコストを計算して維持することが大切です。

選ぶポイント3注文回数・配送をスキップできるものを選ぶ

先ほどもお話しましたが、ウォーターサーバーを契約した段階で定期敵に水が届きます。

もし、飲みきれない場合だとお水が貯まってしまう可能性があります。

多くの業者は1~2回の配送をスキップできるサービスがありますが、中には配送スキップ期間が短い業者も中にはあります。

「お水を飲みきれない」と心配される方は確認しておきましょう。

選ぶポイント4水の設置位置・利便性から選ぶ

各メーカーにもよりますが、12Lのボトルが多く、重さ12Kgします。
交換する際は、12Kgのボトルを腰の位置まで持ち上げなければなりません。
力がない人は苦労に感じるでしょう。

しかし、ボトルを足下あたりに設置する「下置き」タイプのサーバーや、容量の少ないタイプのサーバーを選ぶことで交換がラクになります。

費用から選ぶのもいいですが、実際に使うときの利便性から選ぶのもポイントです。

選ぶポイント5デザイン性から選ぶ

今は、ウォーターサーバーをインテリアとして楽しむ人は多くいます。
近年のウォーターサーバーは高機能であるとともに、デザイン性に優れたおしゃれなものが増えています。

かつ、デザインやカラーも豊富で部屋が映えるのもおすすめポイントの一つです。

部屋の雰囲気に合わせて馴染むデザインから選ぶのも良いかもしれません。

実際にウォーターサーバは必要なの

先ほども述べましたが実際にウォーターサーバーがあれば、快適な生活になります。
といっても、よく『お水』を使う人に限ります。

結論、経済的にも余裕があり『お水』にこだわりを持ちたい人やお水をたくさん飲み新鮮なお水を飲みたい人はウォーターサーバーは向いています。

反対に

契約してしまったら、契約期間2年~3年の毎月3,000円~4,500円ぐらいかかります。ですので、経済的に余裕がない人はスーパーなどでの『お水』の購入がおすすめです。

また、Amazon楽天市場Yahooでも『500ml』『2L』のお水が販売されていますので、お水の持ち帰りに苦労を感じる人は、通販サイトを利用しましょう。

ウォーターサーバーを検討する際は先ほどご紹介した通り、以下の内容に注目して検討してください。

5つのポイント

  • サイズや空間の設置場所から選ぶ
  • 収支に似合うプラン
  • 注文回数・配送をスキップできるものを選ぶ
  • 水の設置位置・利便性から選ぶ
  • デザイン性から選ぶ
クラウドソーシング

クラウドソーシングを賢く立ち回る方法を実践して月額の収益を安定させましょう。

クラウドソーシング型マッチングサービスの賢い立ち回り方法は、メインサイトを1~2個をメインに絞り、サブメインに2個程活用するのがおすすめです。

ECサイトの運営と同様に自社サイトの設立はもちろん、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazon、Qoo10など、他のモールに展開したほうが大きな売上が見込めるからです。
アクセス数が多いクラウドソーシング型マッチングサービスをメインにおき、アクセス数がそこまでなく、取引自体少なそうなクラウドソーシングをサブに置くのが適切です。

登録した初めのころは、仕事も少なく、募集案件に応募する形となります。
また、クライアント側の判断材料として『レビュー評価』『取引実績』です。そのため新規でアカウント作成してもなかなかいい仕事が見つからないときもあります。
それを回避するためにも、複数のクラウドソーシング型マッチングサービスを活用する方がバランスよく仕事が見つかります。

余談ではありますが、ひとつのクラウドソーシング型マッチングサービスで実績が貯まれば他のサイトに告知すると効果抜群です。実績や高評価レビューがなくても確かな信頼を獲得できるはずです。

例:クラウドワークスでも活躍中!レビュー:4.6 総取引実績 30件 高品質をモットーに○○を提供させていただきます。