MENU

天然なお水でうるおい補給。日焼け後のアフターケアが大事

TRYKMAGAZINE
TOH
日焼け後のアフターケアは大事。内側からうるおいを与えてくれるお水を活用しよう

夏の大敵=日差しです。

夏の水分補給と同じくらい、夏の紫外線対策は欠かせません。
今や女性にとって日焼け対策は当たり前といっても過言ではありません。近年、男性も日焼け対策をしている方は急増しています。

日焼けについて

日焼けとは?

紫外線により皮膚が赤くなるサンバーン(sunburn)と、その後黒くなるサンタン(suntan)の2つを合わせて日焼けといいます。
日焼けは紫外線によってもたらされるものです。

紫外線(UV:Ultra Violet)

紫外線は、太陽光線であり、地表に届く光の中で最も波長の短いものです。紫外線の中でも、波長によって、UV-A、UV-B、UV-Cに分けられます。

症状日焼けが及ぼす肌の影響

紫外線を浴びて肌に及ぼす影響は以下になります。

  • シミ・そばかすができる
  • 皮膚の光老化の原因なる
  • ほうれい線ができやすくなる

紫外線はシミ・そばかすの元となり、皮膚の光老化の原因になります。

光老化は、真皮にある弾性線維というものが破壊されることで起こります。

弾性線維は、皮膚の張りを保っています。なので、その弾性線維が機能しなくなると、皮膚の張りがなくなり、しわ、たるみができます。

紫外線によって皮膚は厚くゴワゴワになります。さらに紫外線によって色も濃くなるということです。

taisa日焼け対策

しっかりと紫外線対策を行うことで、効果的に紫外線を防ぐことができます。

  1. 日が照る時間帯を避ける。
  2. 日陰を利用する。
  3. 日傘を使う、帽子をかぶる。
  4. 衣服で覆う。
  5. サングラスをかける。
  6. 日焼け止めを上手に使う。紫外線予防

夏でも長袖を着たり日傘や帽子を着用して出かけたりと徹底して対策されている方も多いのではないでしょうか。
日が照る時間帯は日焼け止めクリームの活用をお勧めします。
また日陰や日傘、帽子・サングラスをするなど、直射日光をさ遮ることは効果的です。
しかし、直射日光が当たっていなくともまったく紫外線を防止できているとは言い切れません。

空気中で散乱したものや、地面や建物から反射した紫外線までは防ぐことができません。なので、日焼け止めを上手に使うことが大切なのです。

皮膚のケアだけでなく体内も冷やして水分補給を

女性によらず最近では男性も日焼け対策を行っている方は増えてきており、それに伴い日焼け防止アイテムも増えてきています。

反対に、素肌をさらして。こんがりと小麦色の肌になるまで何もケアせずに放置している方はまだまだ多いと思います。

日焼けをすると皮膚が軽いやけど状態になり、体内の水分も失われます。日向いる時間が多い方や日焼けしてしまうと軽い脱水症状に陥りやすくなるので、日焼け後はアフターケアがとても大切です。

日焼けを下直後は皮膚を冷やすだけではなく、水分を取り入れて内側から冷ますようにしましょう。

また、日焼け直後は体内のお水が足りない状態になるので、お水を取り入れるようにしましょう。
乾燥状態を改善させ肌を正常な状態へと戻す手助けをしてくれます。

中でも弱アルカリ性のお水は体への吸収効率が高いので、日焼け後の水分補給に最適です。

水のミネラル成分にも注目して選ぶ


日焼け後や汗をかいた際は、体内の水分だけでなくミネラルも不足しています。

なので、お水は天然水やミネラル成分がたっぷり配合されたミネラルウォーターがオススメです。

ミネラルは体内で生成することができず年齢と共に減少していくので、食べ物やサプリメントから意識して摂取するしかありません。

ウォーターサーバーを活用することで、毎日の水分補給を手軽行えると同時にミネラルを摂取することができます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)