MENU

メタバースとは?NFTとの仕組みやできることを徹底解説!

こんにちは、とらいく(@trykmagazine)です。
このブログでは、本業×副業でよりよいライフスタイルを提案するためのヒントになるための情報を発信しています。
TRYKMAGAZINE
       
悩み人
・メタバースとは?仕組みってどうなってるの?
・メタバースとNFTの関係ってあるの?

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • メタバースとは
  • NFTとは
  • 人気のプラットフォーム

最近、話題になっている「メタバース」。

facebookが「Meta」と社名を変更していることや多額の投資をして力を入れていることから、今やメタバースは急上昇しているビジネスになっています。

海外を始め、日本のゲーム業界にも浸透しており、近々、公開される予定も発表されています。

そんな、メタバースを一度は聞いたことあるけど、まだピンと来てない人は多いのではないでしょうか。

本記事では、メタバースはどういうものなのか、ビジネスにどう展開しているか、その活用方法と事例についてご紹介します。

TRYKMAGAZINE
TOH
メタバースとNFTの活用方法を詳しく説明していくよ!

メタバースとは?

メタバースとは?
メタバースとは、3次元世界や仮想空間のことを指します。

メタバースの由来は、超越を表す古代ギリシャ語の「meta」に、世界を表す「universe」を掛け合わせた造語といわれています。

この仮想空間のメタバース内でアバター(自分自身)を設定操作し、他のユーザーと交流したり、イベントやアイテムを揃えたり、取引するといった別世界での生活を楽しめます。

TRYKMAGAZINE
TOH
有名ゲームでいえば、『マイクラフト』や『どうぶつの森』。また、Amazonドラマの『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ〜』の内容に近いイメージです。

なお、メタバースはブロックチェーン技術を組み合わせており、安全性や利便性が高まり実現されています。

ブロックチェーン技術でメタバースは高度な安全性を確保

そもそもブロックチェーンとは、ブロックチェーン上で行わている取引を多数のコンピューターを共有することで、データ改ざん不可能な状態で安全に取引とデータを保管する仕組みです。

つまり、様々な取引データをブロックチェーン技術によって安全に機関や人物が保有できる仕組みとなっているということです。

例えば、銀行の場合

例えば、銀行の場合でご紹介します。
銀行だと、顧客の取引データをその銀行が管理しているため、中央組織である銀行がハッキングされた場合、取引データの喪失につながります。

なお、ブロックチェーン技術を活用すると、取引データが常に複数のコンピューターに共有されているため、改ざんが非常に難しいため、データ自体の信憑性も高く、担保することができます。

メタバース(仮想空間)にブロックチェーン技術が導入されているわけは、データに資産性を持たせることができるからです。

TRYKMAGAZINE
TOH
ブロックチェーンを活用してメタバースを構築すると、メタバース内に資産を生み出すことが可能になります。
これがNFTと呼ばれる技術です。

NFTとは?

NFTとは

NFTとは、ブロックチェーン技術を活用することで、アートやゲーム内のアイテム、ありとあらゆるデジタルデータの資産に所有者の情報を追記できることを指します。

たとえば、1,000札のお札は1,000円のものの同等の価値しか手に入りませんが、NFTは全く違います。

例えば、

  • SNSアイコン
  • ゲーム内のアイテム
  • 音楽
  • 絵画

これらすべてがデジタルアートでNFTが起用されています。
アイテム市場によって価値が異なりそれぞれの価値があり、すべてが同等の価値ではありません。

TRYKMAGAZINE
TOH
近年では、子供が書いた動物の似顔絵でも100万以上で取引されることもあり、NFTバブルなのです。

また、NFTの取引売買はすで世界中で行われており、最大手のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaは2021年の8月の流通総額が3500億円を超えるほど伸びています。

このように資産性を持たせることができるNFTの技術がメタバースにも活用されているということです。

メタバースにどのように使われているか

さきほど、すべてのデジタルアートにNFTを活用されていると説明しましたが、もう少し具体的にご紹介します。

メタバースの具体的な活用方法は次の通りです。

  • NFT化したアイテムの武器や土地
  • アバターの装飾品
  • 自分でNFT化したアイテム(絵画や音楽)
  • NFTギャラリーやショールーム

上記以外にも、NFT化されたものであれば、取引可能です。

特にメリットと言えるのが、NFT化されたアイテムであれば、自分のウォレットに保管でき、いつでも売却可能ということです。

TRYKMAGAZINE
TOH
つまり、メタバース内の市場で作成したものであれば、その場で取引も可能ですし、OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスでも売買できます。

メタバース内のNFT活用次第で大きな収益になるかもしれません。

人気おすすめのメタバースのプラットフォーム3つ

人気おすすめのメタバースのプラットフォーム3つ

いま世界を始め、日本でも人気のメタバースプラットフォームを厳選してご紹介します。

今回ご紹介する人気のメタバースプラットフォームは次の3つです。

人気のメタバースプラットフォーム
  1. Decentraland(ディセントラランド)
  2. Axie Infinity
  3. THE Sandbox
プラットフォーム1

Decentraland(ディセントラランド)

Decentraland(ディセントラランド)

出典:decentraland公式サイト

通貨名 MANA(マナ)
シンボル MANA

Decentraland(ディセントラランド)は、イーサリアムブロックチェーンを利用したVR(バーチャルリアリティ)プラットフォームです。

VR空間の中でアバターをつくり。新たなNFTのアイテムやコンテンツを創り出すことが可能です。

発行するトークンは、MANAで、Decentraland内のアバターや装飾品の支払時に利用できます。

TRYKMAGAZINE
TOH
MANAを保有して、収益化を図ることもできます。Decentraland内でアバターや装飾品を購入・売買して楽しむことができます。

Decentralandの特徴

  • ブロックチェーン技術を活かしたVR空間
  • 生成した土地やアイテムなどのNFTをNFTマーケットで売買できる
プラットフォーム2

Axie Infinity

Axie Infinity

出典:Axie Infinity公式サイト

通貨名 AXS(アクシー)
シンボル AXS

世界で最も人気の高いゲームの一つです。
一度はやって事のあるポケモンみたいな印象で、キャラを育てたり、戦ったりするイメージです。

Axie Infinityの通貨はAXSで、初めは、3体キャラを購入しないといけません。

Axie Infinityの特徴

  • キャラを育てて戦わせる
  • 一人一人のキャラは個性を持っている

Axie Infinity

TRYKMAGAZINE
TOH
世界で有名なのはもちろん、Axie Infinityで生計を立てている人もいるようです。
プラットフォーム3

THE Sandbox

出典:THE Sandbox公式サイト

通貨名 SAND(サンド)
シンボル SAND

The Sandboxは、イーサリアムブロックチェーン上のメタバースで、すべてのゲーム内アイテム・資産・土地がNFT化されています。

ゲーム内は、「SAND」というトークンが利用されています。

ゲームを進行するためのクエストがなく、プレイヤーが自由に目的を進めて遊んでいくスタイルです。

The Sandboxの特徴

  • 自由にオリジナルを創作・販売することができます
  • マインクラフトのように自由に遊んで構築できる
  • 一人一人のキャラは個性を持っている
TRYKMAGAZINE
TOH
ソフトバンクが、このThe Sandboxに105億円を出資下のは有名な話です。

メタバースのよくある質問

メタバースによくある質問をご紹介します。

メタバースはスマホでもできますか?
スマホでもできるものもありますが、できれば、パソコンの方がいいでしょう。

というのも、スマホの場合、タイムラグで通信が遅くなったり、操作性の違いがあります。
今は、PCメインで開発されてますが、今後、スマホでの対応性も上がっていくと思われます。

メタバースは無料で始められますか?
有料のものもありますが、基本的に無料で遊べるものが多いです。

稼げるメタバースや人気のあるゲームなどは初期投資に1万円以上かかる場合があります。しかし、のちのち回収できる見込みはあるので、先行投資としては必要です。

メタバースは何歳から遊べるの?
メタバースは、基本的に18歳以上なら利用可能です。

通貨を利用するため、18歳以上でないと遊べないです。

もし、プレイしたい場合は、親の同意のもと始めましょう。

まとめ:

本記事では、メタバースとNFTとは何かを解説しました。

「メタバースとは」を簡単に要約
  1. メタバースとは、3次元の仮想空間のこと
  2. メタバースを活用して、他社とコミュニケーションをとれる
  3. 現実世界とは別の世界での生活を楽しむことができる

NFT化をまとめました。

「NFTとは」を簡単に要約
  1. NFTは高額で売買されることもあり収益化に期待できる
  2. NFT化されたアイテムを購入・売買することができる
  3. ユーザー資産をNFTとしてブロックチェーンに保管できる

このように、メタバースはただ仮想空間ではなく、一つの経済圏として成り立っています。

稼げるという認識で注目を集めているのは間違えありません。

なお、メタバースを始めるには、そのゲーム内で使える仮想通貨が必要なので、コインチェックがおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

副業で稼いでいくために「とにかくタメになる記事」にこだわって副業に関連した情報を発信しています。
副業でブログ運営をはじめ、クラウドソーシング・コンサルティング・WEBマーケティング(SEO)。動画編集・ホームページ制作・ECサイト運営のお仕事をしています。