MENU

Windows10 – ファイルやフォルダーをゴミ箱に移動せずに完全削除する方法

この記事で解決できる悩み
  • ファイル、フォルダーをゴミ箱に移動せず削除するための設定の仕方とは

Windows10で、ファイル・ファルダーをゴミ箱に移動せずに完全に削除する方法についてご紹介します。

本来は、ファイルを削除すると『ゴミ箱』に移動します。削除されたファイルやフォルダーはゴミ箱に蓄積されます。

ゴミ箱の中身を空にするには、ゴミ箱を開き、「ゴミ箱を空にする」を選択して空にする作業が別途必要になります。

合わせて読む
あるいは!こちらの操作方法でファイルやフォルダの完全削除できます。合わせてご覧ください。
あわせて読みたい
Windows10 – ファイル・フォルダーを完全に削除 この記事で解決できる悩み ファイル、フォルダーを完全に削除する方法とは Windows10のファイルやフォルダーを完全に削除する方法を紹介します。 デフォルトの設定では...

こんな人はゴミ箱に移動しない設定をおすすめします。

  • ゴミ箱ファイルから再度利用したことがない人
  • ディスク容量のストレージが少ない人
  • 『ゴミ箱を空にする』作業をするのがめんどくさい人

上記に当てはまる人は、ファイルやフォルダを削除後、ゴミ箱に移動させない設定を行いましょう。

ファイル、フォルダーをゴミ箱に移動せず削除するための設定の仕方

早速、Windows10のファイルやフォルダーをゴミ箱に残さい設定の仕方についてご紹介していきます。

  • STEP1
    『ゴミ箱のプロパティー』を開く

    Windows10アップデート手動

    デスクトップにゴミ箱がある場合

    ①『ゴミ箱』フォルダーがデスクトップにある場合は、ゴミ箱にカーソルを合わせ、右クリックしてプロパティーを選択してください。

    Windows10アップデート手動

    デスクトップにゴミ箱がない場合

    ②デスクトップにゴミ箱がない場合は、検索ボックスから『ゴミ箱』と検索し、開いてください。
    すると、エクスプローラーのゴミ箱フォルダーが開きます。
    「ゴミ箱ツール」→「ゴミ箱のプロパティー」を選択してください。

  • STEP2
    『ゴミ箱のプロパティー』から『ゴミ箱にファイルを移動しないで』というところにチェック

    Windows10アップデート手動

    ゴミ箱のプロパティーから『ゴミ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する』にチェックしましょう。

    選択したらOKをクリックしましょう。

  • 完成
    以上

    これで削除したファイルやフォルダーはゴミ箱に移動せずに完全に削除されます。

    冒頭でも述べましたが、誤って消してしまうとデーターは復元できません。うっかり消してしまう恐れも十分なので、むやみやたらに削除しないことをお勧めします。

削除したときにゴミ箱ファイルに移動しないように設定した場合、ゴミ箱アイコンが不要になります。デスクトップからゴミ箱アイコンを非表示にするといいかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

副業で稼いでいくために「とにかくタメになる記事」にこだわって副業に関連した情報を発信しています。
副業でブログ運営をはじめ、クラウドソーシング・コンサルティング・WEBマーケティング(SEO)。動画編集・ホームページ制作・ECサイト運営のお仕事をしています。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)