レンタルサーバー

WordPressが使える無料おすすめレンタルサーバー5選!

TRYKMAGAZINE
トライクマガジン
WordPress(ワードプレス)を完全無料でできるレンタルサーバーを紹介していくぞ!無料と有料版のメリット・デメリットについて知ろう!
この記事で解決できる悩み
  • 無料でできるレンタルサーバーとは?
  • 無料でできるレンタルサーバーのメリット・デメリットとは?
  • WordPress(ワードプレス)を導入するためには?
  • 結局、無料と有料のレンタルサーバーはどっちがいいの?

ホームページを運営するためには『レンタルサーバー』が必要となります。

しかし、有料版のレンタルサーバーはモノが多く、お金がかかってしまいます。

簡単に試す人には、お金を出すことに多少抵抗あると思います。

そこで、活用したいのが無料のレンタルサーバーです。

そこで、今回はWordpress(ワードプレス)におすすめの無料レンタルサーバーを紹介するとともに、無料レンタルサーバーのメリットとデメリットについてもご紹介していきます。

WordPressに使える無料おすすめレンタルサーバー5選

WordPressに使えるおすすめ無料レンタルサーバーを厳選して5つ紹介します。

今回ご紹介する無料レンタルサーバー

無料版と有料版を比較してぜひ自分にあったサーバーを選びましょう。

無料レンタルサーバー1WordPress.com

WordPress.com

WordPress.comは、多くのブロガーや企業でも利用されているWordpressです。
Web制作の知識が不要でも簡単にブログを構築できます。

WordPressサーバーによるプランによって制限が異なりますので、事前に確認してましょう。

サーバー容量:3GB
独自ドメイン:不可
広告表示:あり
もっと詳しく見る!

無料レンタルサーバー2StarServer Free

StarServer Free

広告なしの無料レンタルサーバーが利用可能な『StarServer Free』。
また、独自ドメインが使えない無料レンタルサーバーが多いが、こちらのサーバーは独自ドメインを利用できるのでおすすめです。

サーバー容量:2GB
独自ドメイン:1個
広告表示:なし
もっと詳しく見る!

無料レンタルサーバー3XFree

XFree

XFreeは、Xserver(エックスサーバー)を提供するエックスサーバー株式会社が運営する無料レンタルサーバーです。

WordPressを手軽に使えたい人や個人のブログやサイトを運営したい人は、気軽に導入できるのもメリットのひとつです。

サーバー容量:2GB
独自ドメイン:5個まで設定可能
広告表示:あり
もっと詳しく見る!

無料レンタルサーバー4XREA

XREA Free

XREAは、VALUE-DOMAINを運営するGMOデジロック株式会社が運営する無料レンタルサーバーです。

こちらのレンタルサーバーは有料プランで月額191円(12ヶ月契約の場合)で提供しています。
また、広告表示もされません。
圧倒的なコストパフォーマンスなので、コスト面を抑えたい人はかなりおすすめです。

サーバー容量:1GB
独自ドメイン:10個まで設定可能
広告表示:あり
もっと詳しく見る!

無料レンタルサーバー5SiteMix

SiteMix

SiteMixは、Wordpressに対応した無料レンタルサーバーです。
Wordpressを標準搭載しているため簡単にブログ・ホームページを始めることができます。

また、広告非表示は月額162円で利用できたり、足りない容量を有料オプションで増加できるのも魅力です。

サーバー容量:1.5GB
独自ドメイン:対応
広告表示:あり
もっと詳しく見る!

無料レンタルサーバーのメリット・デメリット

実際に無料レンタルサーバーはどうなの?っていう人は多いのではないでしょうか。

ここでは、無料レンタルサーバーのメリットとデメリットについてご紹介します。

無料レンタルサーバーメリット

無料レンタルサーバーの名っとは以下になります。

月額や年会費が掛からない

無料レンタルサーバーの最大のメリットは、月額費と年会費がかからないことです。

お金が掛からないことで、気軽に始められることができます。

試験的に導入することができる

無料でレンタルサーバーを始められるので、お試しで始められるのも無料レンタルサーバーの魅力です。

有料版と違い多機能な設定はできませんが、無料でレンタルサーバーを利用できるため、お試し版でためしたいひとおすすめです。

無料レンタルサーバーデメリット

では次にデメリットについて紹介していきます。

有料版と違い機能が制限されている

有料版と比べて機能が制限されるため、『あ~したい』・『こうしたい』というのが無料版はできません。

サーバーが不安定

コンテンツがバズりアクセスが集中しても、サーバーが不安定で表示速度が遅かったり、時には全く繋がらなかったりする場合があります。

広告が自動で挿入される

提供サービスによっては自動で広告が挿入されることがあります。

比較的にディスク容量が少ない

長期的に記事や写真を更新していきたい場合、利用ディスク容量が低いと容量不足に陥ることがあります。

独自ドメインが使えない

提供サービスによっては、独自のドメインがつかない可能性があります。

無料レンタルサーバーを利用するデメリットは上記となります。

無料レンタルサーバーのサービスが終了してしまうと、収益自体が無くなる可能性もないとは限りません。

また、無料レンタルサーバーだとサーバー自体が不安定なため、表示速度や繋がらない状態も考えられます。

本格的にWordpressを活用したい場合は、多機能性の有料レンタルサーバーを活用しましょう。

WordPressの導入に準備するものとは?

WordPress(ワードプレス)ブログを開設するために、準備するものを見ていきましょう。

  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン

上記の二つがWordpressでブログをする上で必要なものになります。

また、各レンタルサーバによって期間限定でドメインが永久無料のものもあります。
そういったレンタルサーバーを利用すれば、サーバー代金しか掛からないため、運用コストも削減できます。

結局、無料と有料のレンタルサーバーはどっちがいいの?

WordPress(ワードプレス)におすすめの無料レンタルサーバーについて紹介しましたが、結局どっちがいいのという方も多いと思います。

本格的に長期でブログ運用やホームページ運用をしたいという人は『有料版』がおすすめです。

また、お試しでブログやホームページを運用したいなら『無料版』がおすすめです。

無料版を運営していて、有料版に移行したいときは、手続き等や移行作業が必要になります。
時間も要するため、低コストなレンタルサーバーで運用してもいいかもしれません。

下記にWordpress(ワードプレス)で使える有料のレンタルサーバーについてご紹介しています。

WordPress(ワードプレス)のレンタルサーバーならこの4つがおすすめ! トライクマガジン Wordpress(ワードプレス)でブログを始めるために必要なのは『レンタルサーバー』です。 この記事で解決...

ライターからヒトコト

今回は、Wordpress(ワードプレス)で使えるおすすめの無料レンタルサーバーについてご紹介しました。

上記にあげた無料レンタルサーバーは問題ない実績もあり問題ないレベルです。

しかし、無料レンタルサーバーを利用した上でのデメリットのほうがが多いのでやはり無料レンタルサーバーよりも有料レンタルサーバーのほうがおすすめです。

その中でも初心者でも簡単にConoHa WINGがおすすめです。

他のレンタルサーバーと比べると速度や操作性が抜群です。
なのに、一番の最安値クラス。
個人で活用するWordpressはこちらがおすすめです。