MENU

クラウドソーシングサービスのデータ入力は稼げるのか?やり方から案件相場まで徹底解説!

この記事で解決できる悩み
  • データ入力とは?
  • クラウドソーシングサービスのデータ入力って稼げるの?
  • データ入力の仕事内容とは?
  • クラウドソーシングサービスのデータ入力の単価相場とは?
  • データ入力仕事の始め方とは?

クラウドソーシングサービスで一躍人気なのがデータ入力です。
隙間時間に行えて特別なスキルや職歴が不要な案件が多いため学生をはじめ主婦の方でも気軽にお小遣い稼ぎができます。

また、パソコンのみならずスマホでも気軽に取り組める案件も取り組めるのも人気の秘密です。

そこで、今回はクラウドソーシングサービスのデータ入力は稼げるのか解説していきます。

また、データ入力の案件相場から仕事内容までをご紹介。
利用者人数が多いクラウドソーシングサービスを利用すれば、仕事依頼者も多いので自分に当てはまる仕事が見つかります。ぜひ、利用者人数や登録者人数が多いクラウドソーシングサービスを利用しましょう。

データ入力とは

データ入力とは
データ入力作業とは、主に顧客情報や資料をコピーしてプラットフォームの指定された場所にデータ記載または貼り付けていく作業です。

書類で管理する会社が多く、パソコン上にデータを残したいという方が多数いらっしゃいます。
そこで、活躍するのがデータ入力作業なのです。

特別なスキルもいらなくPCとWIFI環境さえあれば、どの場所にいても作業が始める魅力があります。
主なPCソフトはExcelを使う機会が多いので、Excelの基本操作は熟知しておきましょう。

データ入力の報酬は比較的低めに設定されていますが、シンプルな作業でクラウドソーシングサービスの実績も積みやすいのでおすすめです。

クラウドソーシングサービスのデータ入力って稼げるの

クラウドソーシングサービスのデータ入力って稼げるの
データ入力を行う上で稼ぐために利用するのが、クラウドソーシングサービスのクラウドワークスランサーズが主になってきます。

また、属す形のアルバイトやパート等もございますが、この記事ではクラウドソーシングサイトで実際に稼げるか検証していきます。

実際にデータ入力の取引市場をランサーズの公募案件で見ていきましょう。

公募案件

実際にデータ1まとまりの入力で10円~50円あたりです。
また、シンプルで簡単な作業はおおよそ1円~4円ほどです。

約3,000円~5,000円程稼ぐことができます。

たまに数万円の案件もありますが、こういったものは作業の割に貰えないことも多々あります。

仕事を請け負う場合は、案件内容をしっかり把握し取り組みましょう。

TRYKMAGAZINE
TOH
本業並みに安定して稼ぐことはできないですが、実績を積むという観点では、利用する価値があります。
レビュー高評価や実績が貯まれば、その分判断材料になりますので、比較的案件獲得しやすいでしょう。

クラウドソーシングサービスのデータ入力仕事は限定される

在宅のデータ入力となると、仕事が限定されます。
実際に、企業の社外秘密や個人情報のデータは渡すことができなく、インターネットでのやり取りが可能なデータしか仕事を発注しないので当然仕事の幅は狭まります。

後ほど仕事内容はご紹介しますが、クラウドソーシングサービスクラウドワークスランサーズで多い案件は『BUYMA』や『ネットショップ』の商品データ入力の仕事です。

特にBUYMAは公式に無在庫販売を認められており、無在庫で販売する事業者が多いのです。

無在庫販売とは

出品時に商品が手元に無く、注文が入ってから商品を購入して購入のお客様に発送する販売方法を無在庫販売といいます。

無在庫販売をできるということは、商品アップを大量にできるということ。商品アップを大量に行えばアクセスを増やせ、なおかつ売上にも繋がります。

なので、出店者が大量の商品アップを自らが行うと時間と労力がかかり大変なので、人にまかせようという訳です。

データ入力の仕事内容とは

データ入力の仕事内容とは
先ほど、データ入力は稼げるかについてご紹介しました。
ここでは、より掘り下げてデータ入力のことについてご紹介していきます。

クラウドソーシングサービスで多いデータ入力の仕事内容

クラウドソーシングサービスで多いデータ入力は以下となります。

クラウドソーシングサービスで多いデータ入力

  1. ネットショップのデータ入力・更新
  2. ECサイトの商品をコピペしたデータ入力作業
  3. ブログ記事のデータ入力・更新

動画やテープデータの書き起こし

動画や音声のデータ書き起こしはタイピング作業となります。

動画や音声のデータ書き起こし

  1. 座談会やアンケートのデータ起こし
  2. 講演会やセミナーのテキスト化
  3. インタビューのテキスト化
  4. 大学講義のテキスト化

アルバイト・パートに多いデータ入力の仕事内容

アルバイト・パートに多いデータ入力の主な作業は以下となります。

アルバイト・パートに多いデータ入力

  1. 名刺情報の入力
  2. 顧客データの入力
  3. 住所や電話番号などのリスト作成
  4. 手書き伝票の入力
  5. 書類のデータ化
  6. アンケート情報の集計

個人情報を取り扱う場合もあるので、外部に漏れないように慎重に扱いましょう。

TRYKMAGAZINE
TOH
データ入力作業は単純な上、モチベーションは上がらなく飽きます。Excelがデキれば、苦では方もいらっしゃるかも

資格やスキルがいらなく、作業マニュアルが合ったりするので初心者の方はおすすめです。

クラウドソーシングサービスのデータ入力の単価相場とは

クラウドソーシングサービスのデータ入力の単価相場とは
クラウドソーシングサービスのデータ入力の単価相場を以下のジャンルを絞って比較していきます。
以下のジャンルが主にクラウドソーシングサービスでの取引でよく見かける案件となります。

ECサイトのデータ入力&補助業務

ECサイトのデータ入力取引が多いです。
『BUYMA』や『ネットショップ』のデータ入力と業務作業だと高単価で取引されています。

20,000円~100,000円

Excelを使ったデータ入力

作業量にもよりますが、データ入力作業はおおよそこのあたりです。

1,000円~50,000円

データ入力仕事の始め方2つ

データ入力を始める方法として「会社に出勤してデータ入力をする」と「案件を自ら獲得してデータ入力をする」の二つの方法があります。

結論からいうと、データ入力だけしたいのであれば「会社に出勤してデータ入力をする」方法がおすすめです。

会社に出勤してデータ入力をする場合は、雇用形態によって業務の内容が異なってきます。
アルバイトの場合だと、Excelにデータ入力したり、データをリストに書き起こしたりするかもしれませんが、正社員の場合は、このほかにも「電話業務」や「その他の業務」をさせられたりします。
また、データ入力作業だけで掲載している募集等はなかなか見当たりません。アルバイトや派遣社員の求人は多いです。
TRYKMAGAZINE
TOH

実際に、勤務して働いてみないと分からない部分となります。
会社に属した場合とクラウドソーシングサービスを活用した場合を各項目に分けて詳しくご紹介していきます。

「会社勤務」と「クラウドソーシングサービスの活用」の平均収入

会社に勤務してデータ入力した場合と自らクラウドソーシングサービスを活用してデータ入力する場合の平均収入は以下となります。

会社勤務の場合の平均収入

会社に勤務する場合は、派遣や正社員そしてアルバイトの形態で属するすると思います。
求人情報を見ても、時給は1,000円以上がほとんどです。都市によって異なりますが高時給のところだと、1,300円~1,600円のところもあります。

TRYKMAGAZINE
TOH
栄えた都市などは、比較的高時給で設定されています。また、専門的な内容や複雑な業務なものはさらに時給が高くなります。データ入力が好きな人は意外と狙い目かも

クラウドソーシングサービスの活用した場合の平均収入

クラウドソーシングサービスを活用した場合は、1件当たり10円~50円ぐらいが一般的な価格です。
テープや動画の書き起こしは、約1分あたりで100円~300円程です。

TRYKMAGAZINE
TOH
初心者の方は、実績も高評価レビューもないため、まずはガンガン応募形式で営業を行い、たくさんの案件をこなし評価をあげていきましょう。私も初めのころは、作業量と見合わない額でやってました。最初は作業量の量に対して報酬額は低くなりますが、おいおいことを考えると妥当かなと思います。

平均収入は求人とクラウドソーシングサービスでのおおよそで算出しています。

「会社勤務」と「クラウドソーシングサービスの活用」のメリットとデメリット

「会社勤務」と「クラウドソーシングサービスの活用」のメリットとデメリット
会社に勤務してデータ入力した場合と自らクラウドソーシングサービスを活用してデータ入力する場合のメリットとデメリットについてご紹介していきます。

会社勤務の場合のメリットとデメリット

  • 時給換算の為、安定した収益を得れる
  • 分からなことがあればすぐに確認できる
  • 集中できる環境で取り組める
  • データ以外の雑務がある
  • 往復の出勤時間がもったいない
  • 人間関係を築いていかないといけない
  • 飽きても途中でやめられない

クラウドソーシングサービスの活用の場合のメリットとデメリット

  • 自分のやり方次第で報酬が増える
  • 数をこなすことにより生産性が上がりパソコンスキルが身につく
  • 好きな場所で好きな時間で働ける
  • 飽きたら別の作業ができる
  • 家だと周りに娯楽があるので、集中力がキレて続かない
  • 収益が安定していない
  • クライアントとのやり取りが発生する
TRYKMAGAZINE
TOH
それぞれのメリットとデメリットをご紹介しました。
データ入力をやる場合は、個人的に「在宅でできるクラウドソーシングサービスの活用」をオススメします。
安定した収益を得られませんが、拡張性があるので会社に属した金額よりも報酬を得られる可能性があります

データ入力がおすすめのクラウドソーシング型マッチングサービス

データ入力がおすすめクラウドソーシング型マッチングサービスをご紹介します。

利用者が多い、クラウドソーシング型マッチングサービスを利用しましょう。

知名度 稼ぎやすさ 手数料 詳細リンク
クラウドワークス 5.0 5.0 5%~20% 詳細を見る
ランサーズ 5.0 4.8 5%~20% 詳細を見る
ココナラ 4.8 4.2 22% 詳細を見る

ライターからひとこと

クラウドソーシングサービスを活用したデータ入力の仕事内容から案件の相場までご紹介しました。
実際、まとめてみて分かったのですが、作業の割に報酬金額が合わせないことのほうが多いと思います。
交渉次第かもしれませんが、個人でやっている分継続的なお付き合いはなく、渋るケースもあるかと思います。

そもそもデータ入力はおすすめか?

個人的に「データ入力」はオススメしません。

やはり、時間と労力がかかるにつれての報酬が伴っていません。

データ入力をするよりも、逆の立場で「BUYMAで無在庫販売」をしてデータ入力をしてもらう方がいいかと思います。

また、以下の内容があるので「データ入力」はおすすめしません。

データ入力をおすすめしない理由

  • 時給換算だとものすごく安い
  • パソコンのスキルアップ(Excel等)にはなるが、汎用性がない
  • 取引条件において「データ入力者」が不利

逆に、実績を積みたいのであれば、シンプルで簡単なデータ入力から行っても良いと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)