MENU

初心者がクラウドソーシングの動画編集で稼ぐための具体的な方法を解説!

この記事で解決できる悩み
  • クラウドソーシングサービスの動画編集内容・仕事内容とは
  • クラウドソーシングサービスの動画編集の単価相場とは
  • クラウドソーシングの動画編集に必要なものとスキルとは
  • 動画編集の案件が多いクラウドソーシングとは
  • クラウドソーシングの動画編集におすすめのソフトとは
  • クラウドソーシングや外注するためのスキルを習得するには

ニコニコ動画やYouTubeを利用して稼ぐひとが年々増えて話題になっており急上昇している『動画・映像クリエイター』。

動画・映像クリエイターとは

映像制作に携わるすべての職種のことをいいます。
業界は多岐にわたっており、テレビ番組、CM、アニメーション、映画、ミュージックビデオ、Webコンテンツ、ゲームなどさまざまです。

動画・映像クリエイター業界が伸びているということは、『動画編集』の需要も高まっています。

ニコニコ動画やYouTubeのチャンネル運営を行う上で払いきれない作業は『動画編集』です。

従来に比べ動画編集は、需要が高まってきた分稼ぎやすくなったジャンルともいえます。

そこで、今回は動画編集の案件内容をはじめ、目安報酬・動画編集内容・必要なスキルとモノ・動画編集が多いクラウドソーシングサービス・動画編集におすすめのソフトをご紹介していきます。

初心者の方でも入念に準備を行えば、十分稼ぐことが可能です。

以下の「クラウドソーシングサービスまとめ」を参考にしていただき、クラウドソーシングサービスで動画編集の案件を獲得しましょう。

クラウドソーシングサービスの動画編集内容・仕事内容とは

クラウドソーシングサービスの動画編集内容・仕事内容とは
動画編集にも様々な種類があり、動画の長さでいうと、30秒のものから5分から10分までのものまであります。

時間が長くなればなるほど、稼げるということではなく30秒の動画でも長い動画よりも稼げる場合があります。

つまり、作業内容と単価を把握しておくことが大切なのです。

ここでは、クラウドソーシングサービスで取引されている動画編集の案件をご紹介していきます。

クラウドソーシングサービスの動画編集内容

動画編集内容・仕事内容
大きく分けて3種類の動画編集案件があります。

  1. YouTube用の動画編集(TikTokなどのショートムービーも含む)
  2. ウェディングの動画編集
  3. プロモーション用の動画編集

ざっくり分けてこの3種類の動画編集が軸に取引されています。

YouTube用の動画編集(TikTokなどのショートムービーも含む)

YouTubeを見れば、動画内容はざっくり把握することができます。

YouTube用の動画編集内容は、ざっくり上げると『エンタメ系』・『ゲームやマンガ系の実況中継』・『講義動画系』・『商品を紹介する系』の内容です。

YouTube用の動画時間は長時間の依頼もありますが、基本的に5~10分程度の動画を編集します。

YouTube用の動画編集の作業内容

実際のYouTubeの動画編集のおおまかな項目は以下です。

YouTube動画の編集内容

  1. オープニング挿入
  2. 動画カット
  3. テロップ挿入
  4. BGM挿入
  5. エンディング挿入

初心者の方でも比較的難易度が低い作業内容といえます。そのため、クラウドソーシングで仕事を獲得したい方はこのへんから攻めたほうが打倒です。

ウェディングの動画編集

ウェディングの動画編集内容は、画像のスライドショーやアニメーションを豊富に使ったオープニングやプロフィールムービーの動画編集です。

結婚式は一生に一度のビックイベントで、披露する動画は『クオリティー高くしたい』『感動やハッピーを届けたい』という人は多いのです。

そのため、見る人が幸せになるような動画を作る必要があります。

YouTube用の動画編集に比べて、取引単価も高くクラウドソーシングの動画編集ではおすすめの案件です。

ウェディング動画の作業内容

ウェディング動画の作業内容はざっくり以下の通りです。
『テロップ』『カット』は基本的ですが、ウェディングの動画編集はアニメーション作業が主となります。

ウェディング動画の編集内容

  1. カット
  2. テロップ
  3. BGM
  4. アニメーション
  5. 画像挿入

プロモーション用の動画編集

プロモーション用の動画とは、会社用のPVが商品PR動画やWEB広告用に使う動画のことです。
消費者に商品の良さやサービスの良さをより知ってもらうためにカット・テロップはあまり使わず、独自のアニメーションや人の目を惹く動画を作成しないといけません。

YouTube用の動画とウェディングの動画よりも動画時間は短く、高単価で取引されています。
時間は短く高単価と魅力的ですが、『CG』や『アニメーション』を多く使う動画編集技術が求められます。
そのため、過去の制作実績と制作できるスキルが必須となります。

初心者には、プロモーション用の動画編集の参入は難しいと思います。

プロモーション用動画の作業内容

プロモーション用動画の編集内容

  1. CG
  2. アニメーション

クラウドソーシングで初心者におすすめの動画編集内容とは

ここまで、クラウドソーシングサービスで取引されている動画編集の案件を3種類ご紹介しましたが、初心者におすすめの動画編集内容は『YouTube用の動画編集』です。

動画内容の中ではYouTube用の動画編集の取引単価は低いですが、上記の通り作業内容も比較的簡単です。

アニメーションを入れたり、動画を装飾する動画なら多少の知識は必要ですが、
動画編集ソフトの扱い方を知っていれば、余程のことがない限り大丈夫です。

なので、初めてクラウドソーシングで動画編集の仕事を受注したい方は『YouTube』の動画編集を行いましょう。

クラウドソーシングサービスの動画編集の単価相場とは

クラウドソーシングサービスの動画編集の単価相場とは

上記でご紹介した『YouTube用の動画』『ウェディングの動画』『企業プロモーション用の動画』この3つの軸として動画編集の単価相場は以下となります。

動画編集の単価相場
  1. YouTube用の動画:5,000円~10,000円
  2. ウェディングの動画:10,000円~50,000円
  3. 企業プロモーション用の動画:30,000円~100,000円

案件や作業内容によって金額は大きく異なりますが、おそらく上記の金額当たりで取引されています。

TRYKMAGAZINE
TOH
YouTube用の動画編集を何度かやったことありますが、時間がかかるうえにあまり稼ぎにならない印象が強いです。高単価案件を獲得したいのであれば、企業向けのプロモーション用の動画編集一択です。

動画編集の案件が多いクラウドソーシングはこれ

クラウドソーシングサービスの動画編集内容・仕事内容とは
クラウドソーシングサービスは数えきれないほど展開されおり、どこのクラウドソーシングサービスで仕事を受注するのか重要になってきます。

クラウドソーシングサービスを選ぶ基準として、一番大切なのが『クラウドソーシングサービスの利用人数の多さ』です。

クラウドソーシングサービスの利用人数が多いと取引市場も多い事が挙げられます。ですので、初心者の方でも比較的仕事を獲得しやすいです。

動画編集の案件が多いまたは利用者人数も多く取引実績が多数のクラウドソーシングサービスは以下となります。

知名度 稼ぎやすさ 手数料 詳細リンク
クラウドワークス 5.0 5.0 5%~20% 詳細を見る
ランサーズ 5.0 4.8 5%~20% 詳細を見る
ココナラ 4.8 4.2 22% 詳細を見る

大手のクラウドソーシングサービスを利用すれば、仕事を発注したい人がたくさんいますのでほぼ間違えないです。

クラウドソーシングの動画編集に必要なものとスキルとは

クラウドソーシングの動画編集に必要なものと必要なスキルについてご紹介していきます。

動画編集に必要なもの

  1. 動画編集できるパソコン
  2. 動画編集できるパソコンを選ぶ際は、スペックがとても必要になります。
    core:i5(出来れば「i7」がいい)・メモリ:最低16GB(できれば32GB積みたいところ)

  3. 動画編集に最適なソフト
  4. 動画編集を行うためには動画を制作するソフトが必要となります。
    簡単なソフトなら『無料ソフト』で十分です。また、凝った動画を制作するなら『有料のソフト』を選びましょう。

実質、動画編集は全てパソコン内で完結するため、動画編集に対応できるスペックの積まれたパソコンと動画編集ができるソフトです。

TRYKMAGAZINE
TOH

動画編集ソフトでおすすめなのが『adobe premiere pro』と『adobe after effects』です。
動画を納品するときに、完成動画ともしかするとAdobeの編集ファイルを送付してほしいなんてこともあります。
個人的には、Adobe一択です。編集作業も行いやすいですし、なにより企業もAdobeの編集ソフトを使っているところが多いので就職に役立ちます。また、サムネイル画像を作るときも『Photoshop』を重宝できます。

動画編集に必要なスキル

クラウドソーシングの動画編集に必要なスキルは以下となります。

  1. ファイルの送受信
  2. ファイルの送受信をする場合はギガファイル便がおすすめです。大体の人はこのファイル送受信サービスを利用して動画の受け渡しをしています。
    基本的に動画配信者のクライアントが多いです。クライアントが撮影した動画はギガファイル便で送られてきます。
    完成した動画を送付する際は、動画のファイルが大きいので『ファイルの圧縮』が必須となります。

  3. フリー素材の収集
  4. 基本的にクライアントが用意してくれるところが多いですが、素材が足りない場合は自信で調達しなければなりません。
    前もって、フリー素材をサイトをブックマークしておきましょう。

  5. 不要部分カット
  6. 基本的な作業の一つですが、出来ればソフトのショートカットキーを覚えて時短でこなせるようにしましょう。

  7. テロップ挿入
  8. こちらも基本的な作業です。効率よく行えるようにショートカットキーを把握しておきましょう。

  9. BGM挿入
  10. 雰囲気に合ったBGMを挿入する場合が多いと思います。著作権に引っかからないためにもフリー素材から選定しましょう。

  11. 簡単なアニメーション
  12. 動画の演出を華やかにしたりするために、アニメーションを活用する機会が多いと思います。満足のいくもの提供するためにもアニメーションを使えるようにしておきましょう

クラウドソーシングの動画編集に必要なスキルは上記当たりとなります。
また、レベルが高い動画編集者は『アニメーション』や『CG』を駆使しています。

クラウドソーシングの動画編集におすすめのソフト

クラウドソーシングの動画編集におすすめのソフト
クラウドソーシングで動画編集する上で、必要なのが動画編集ソフトです。
ここでは、無料と動画編集ソフトと有料の動画編集ソフトをご紹介します。

動画編集におすすめの有料ソフト

先ほどもご紹介しましたが、有料版だと「」

動画編集におすすめの有料ソフト
  1. Adobe:Premiere pro / After Effects
  2. ショート動画からYouTube動画、自作映画とあらゆる映像の編集ができます。また、『Adobe After Effects』も使いこなせば、モーショングラフィックスや特殊エフェクトも入った動画に仕上げれます。

  3. CyberLink:PowerDirector 19 Ultra
  4. Wondershare:Filmora X
  5. grass valley:EDIUS X Pro
  6. Apple:Final Cut Pro X
created by Rinker
サイバーリンク
¥12,091 (2021/10/23 03:42:12時点 Amazon調べ-詳細)

動画編集におすすめの無料ソフト

高度な編集ができない点が無料ソフトで多く見受けられます。

動画編集におすすめの無料ソフト
  1. Multilab LLC.:VSDC Free Video Edito
  2. 対応OS:Windows

  3. Icecream Apps:PowerDirector 19 Ultra
  4. 対応OS:Windows7・8・8.1・10

  5. Blackmagic Design:DaVinci Resolve 17
  6. 対応OS:Windows・Mac・Linux

  7. KENくん:AviUtl
  8. 対応OS:Windows XP・7など

  9. Canva:Canva

がっつり始めるなら、思い切って有料のソフトから始めましょう。
いち早く慣れておくことが大切なので、無料版を覚えてもアニメーション機能など制限があります。
『動画編集をやってやるぞ』っていう方は、時間を無駄にせずに有料の動画編集をおすすめします。

クラウドソーシングや外注するためのスキルを手に入れよう

クラウドソーシングや外注するためのスキルを手に入れよう
クラウドソーシングで仕事を受注するためには、まずはある程度の動画編集スキルを手に入れましょう。
独学で学ぶのも良いですが、とても時間がかかります。
時間をかけずに手っ取り早く稼ぐためにも動画編集オンラインコースに参加するのがおすすめです。

実際にスキルを学習する方法は2つあります。

具体的な学習ステップ
  1. 動画編集のスキルを独学で学ぶ方法
  2. 動画編集オンラインコースに参加する方法
動画編集を学ぶ方法#01

動画編集のスキルを独学で学ぶ方法

趣味程度に少しずつ動画編集のスキルアップしたい人におすすめの方法は、『独学で学ぶ』方法です。

独学で学ぶ方法の魅力は、なんといってもコストをかけずに学べることです。

今やYouTubeなどで『(使っているソフト名) 動画編集 仕方』で検索すると、山のように情報が出てきます。
その情報を自信の中で精査するのは大変ですが、一歩ずつ自分のスキルに変わっていくことでしょう。

動画を見ながら、同じ動作をしていろいろな動画作成をするといろんな知識が身に着けられます。
TRYKMAGAZINE
TOH
自分もYouTubeの動画編集講座をあさりながら、いろんなスキルを身に着けました。しかし、情報を精査するのにとてつもなく時間がかかりました。
動画編集を学ぶ方法#02

動画編集オンラインコースに参加する方法

今は無料なものから有料のものまでたくさんの動画編集オンラインコースが開催されています。

オンラインコースの魅力は、短期間で集中してスキルを学べます。また、分からないことがあればピンポイントで質問でき、時間をかけずに解決してくれるのも魅力の一つです。

フリーランスとしてガッツリ稼ぎたい方、自分でコツコツ学ぶのに限界を感じた方にはおすすめです。

動画編集の人気オンラインコースのおすすめは以下となります。

人気おすすめの動画編集オンラインコース

  1. 現役クリエイターから学べる:TechAcademy [テックアカデミー]
  2. 0から人気のwebスキルを学ぶならオンラインスクール:Cucua
  3. 最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!:クリエイターズジャパン
  4. 最短・最速で動画編集スキルが学べる:SkillHacks(スキルハックス)

上記は、Web全般から動画編集まで多岐にわたるジャンルがあります。
動画編集だけでなく、フリーランスで稼ぐためのスキル全般を学べるチャンスなのでぜひ活用しましょう。

TRYKMAGAZINE
TOH
動画編集スキルが学べるオンラインコースはこのTechAcademy [テックアカデミー]一択です。現役で活躍している人のノウハウを手に入れれるのは、スキルアップの近道です。使わない手はないでしょう。

ライターからひとこと

クラウドソーシングを活用した動画編集の様々をご紹介しました。
初心者の方はYouTube用の動画編集をまずはこなせるようにしたほうがいいでしょう。
そこから、『ウェディングの動画編集』→『企業プロモーションの動画編集』の手順で行いましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)