MENU

クラウドソーシングとは?仕事内容はどんなのがあるの!特徴とおすすめサイトを徹底解説!

この記事で解決できる悩み
  • クラウドソーシング型マッチングサイトとは
  • クラウドソーシングの仕事内容と相場とは
  • クラウドソーシングのメリットとは
  • クラウドソーシングのデメリットと予防策とは
  • クラウドソーシングの仕事の特徴とは
  • クラウドソーシングおすすめサイトとは

政府が副業解禁の動きを行い、フリーランスをはじめ、個人事業主から企業の方まで利用している『クラウドソーシング型マッチングサイト』。

年々、徐々に利用者数が増えてきている傾向となります。

そこで、今回は『クラウドソーシングとはなにか』を始め、クラウドソーシングの主な仕事内容と特徴について解説していきます。

ぜひ、参考にしつつ自分にあったクラウドソーシングサイトを見つけていきましょう。

TRYKMAGAZINE
TOH
副業で稼ぐのであれば、どんどん使っていきたいクラウドソーシングサイト。
自分もブログ運営で稼ぐと活き込んでいましたが、クラウドソーシングサイトに触れてから収益が倍の倍ぐらいになりました。

副業で稼ぐという点では、クラウドソーシングサイトを使わない手はないですね。

クラウドソーシング型マッチングサイトとは

クラウドソーシング型マッチングサイトとは
クラウドソーシング型マッチングサイトとは、インターネットで個人から企業の不特定多数の群衆に業務を発注(アウトソーシン)したり、アイディアを募集したりする新しい業務委託の形態です。

TRYKMAGAZINE
TOH
クラウドソーシングサイトは初心者におすすめしたいサービスです。
募集されている仕事の種類が豊富なので本業でやっている内容をアウトプットできるとともに、報酬も貰えます。
一石二鳥なんですね。

分かりやすくいうと、以下のようなイメージです。

企業:社員以外の外部の色々な人に業務を発注できる
個人:勤務先以外の不特定多数から業務を受注できる

従来、業務委託(アウトソーシング)といえば、企業が特定の業者や個人に向けたものが主流でした。
しかし、クラウドソーシングサイトの普及により、不特定多数(群衆)に発注できるようになったものがより浸透してきています。

つまり、クラウドソーシングサイトを活用すれば、直接合わなくてもインターネットとパソコン一台だけで完結します。

クラウドソーシングの働き方とは

クラウドソーシングで業務を受注した場合、基本的にインターネットでやり取りを行います。

基本的に発注者側が仕事内容や納期を提示し、受注側は引き受けた仕事を納期までに完了させ、報酬を受け取るというのが基本的な流れです。

条件交渉や打ち合わせはクラウドソーシングサイトのチェットワークですり合わせをします。全てオンライン上で完結できるのが魅力です。

TRYKMAGAZINE
TOH
クラウドソーシングサイトを使うと10%~20%の手数料が取られるというマイナスの部分もありますが、外にでて営業しなくても不特定多数の人と関われるのも大きなメリットです。

クラウドソーシングで受注できる仕事とは

クラウドソーシングで受注できる仕事は様々です。
自分の得意や趣味を活かせれる分野から本業でやっていることを始め、プロフェッショナルな技術が求められている専門的な仕事もあります。

主な仕事は、『ライター』『デザイン系』『プログラミング系』の仕事案件が多く、より専門的な分野になればなるほど稼ぎやすくなります。

成果物を納品することによって単価が発生する場合は多いです。その分、自由な時間や場所で自分のペースで作業することができます。

また、成果物を納品するだけでなく、時間を売り買いする稼ぎからも注目されています。

クラウドソーシングの仕事内容と相場

クラウドソーシングの仕事内容と相場

各仕事の案件相場をざっくり算出してみました。

クラウドソーシングサイトで受けられる仕事内容は、主に以下です。

仕事内容 報酬の目安
ホームページ制作 80,000円~
サイトカスタマイズ・バグ修正 10,000円~
システム開発 100,000円~
(規模による)
Webデザイン 30,000円~/ページ
デザイン・イラスト作成 20,000円~
YouTube動画作成 5,000円~/本数
プロモーション動画制作 100,000円~
記事作成・ライティング 3,000円~
英語翻訳 10,000円~
テープ起こし・文字起こし 2,000円~
資料作成 5,000円~
TRYKMAGAZINE
TOH
このあたりが最も案件数も多く、取引市場においても活発です。つまり、仕事のたくさんある分チャンスがあるということ!!

時間がかかる割に全然稼げないということも大いにあります。

クラウドソーシングの案件内容
  1. ライティング
  2. アンケート・感想・モニター
  3. 文字起こし・テープ起こし
  4. Webデザイン
  5. プログラミング系(システム開発・Web開発)
  6. データ入力
仕事内容#01

ライティング

ライティング

クラウドソーシングサービスでのライティングの仕事内容は、指定されたテーマに沿ってブログを書く仕事です。

場所を問わずパソコンがあれば作業できるので、副業として自宅で簡単に行うことができます。
依頼者からテーマと文字数を指定され、それに沿うものを執筆するのが一般的です。

効率良く稼ぐには、1文字1円以上の案件を受けましょう。
また、交渉次第では1文字あたりの単価が上がる可能性もあります。
初心者のうちは1文字1円未満の案件を受けるのも良いですが、経験を積んだらすぐに高単価案件に移行するのをおすすめします。

ライティングの報酬目安

報酬は文字単価で決められている案件が多く1文字1円から数円までさまざまあります。
能力が上がれば、本業と同等くらい稼げるようになります。

仕事内容#02

アンケート・感想・モニター

アンケート・感想・モニター

アンケートモニターとは、アンケートに回答して報酬を得る副業です。

スマホやパソコンで答えるだけなので、誰でも参加することができます。

サイトに登録して配信されるアンケートに答え、ポイントを獲得します。

ポイントはある単位まで溜まったら、現金や商品券、その他の決済できるポイントなどに交換することができる仕組みです。

毎日案件が更新されるので、スキマ時間でコツコツ稼ぎたい人におすすめです。

アンケートの報酬目安

在宅でできるWebアンケートは、1件数円〜数十円と低単価です。
商品サンプルを自宅へ送ってもらい、使用感などをレポートするアンケートなら1件500円から2,000円ほどの報酬を得られます。

仕事内容#03

文字起こし・テープ起こし

文字起こし・テープ起こし

文字お起こし・テープ起こしとは、テープなどや音声データに録音された内容を文章化していく仕事のことです。

文字起こしをする内容は、平均10分程度のインタビューやYouTube動画が多いです。

イヤホンで聞き取りながら文字にしていくので、集中力とタイピングの早さが重要になってきます。

聞いて、書くだけの単純な作業なので、初心者の方でも比較的取り掛かりやすいジャンルとなります。

文字起こし・テープ起こしの報酬目安

文字お越しの平均報酬は、テープの長さにもよりますが、400円~1,000円程度です。
慣れてくると、継続依頼があり1案件1,000円以上となる可能性もあります。

仕事内容#04

Webデザイン

Webデザイン

Webデザイン系とは、Web画像やイラスト、Webサイトのデザインの編集や作成する仕事のことを指します。

webデザインの経験がある人は、その経験を活かしてwebデザインの仕事を受注しましょう。
webデザイン系は、制作した作品をポートフォリオとして自分のスキルを証明できる材料になります。

ポートフォリオに制作実績を掲載しておけば、webデザインの仕事を受注しやすくなります。

WEBデザイン系の報酬目安

webデザイン系のお仕事は案件によって異なります。

仕事内容#05

プログラミング系(システム開発・Web開発)

プログラミング系(システム開発・Web開発)

Web開発とは、プログラム言語を使用して業務アプリやサービスを開発する仕事です。

専門性の高いプログラミンスキルや実務経験がある方はおすすめです。

web開発系のお仕事で「Wordpress」などのCMSの案件も豊富なので、気になる方はチェックしてください。

WEB開発の報酬目安

webデザイン系のお仕事は案件によって異なります。

仕事内容#06

データ入力

データ入力

データ入力とは、文字や数字などのデータを指定されたフォーマットへ入力する仕事です。
このデーター入力作業はパソコンを使って簡単に行えるため、在宅での副業が可能です。
高収入を得るにはたくさんの量の案件をこなす必要があります。

文字の入力スピードが早いほど収入額が増えるため、タイピングスキルを向上させることが効率良く稼ぐための近道です。

実際に募集されているデータ入力の案件は以下のようなものが多いです。

データ入力の報酬目安

文字単価が0.1〜1円、1案件数十円というものが多い仕事です。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングサービスを使うメリット
クラウドソーシングサービスを活用するメリットをご紹介してきます。
副業として比較的早く稼げるメリットもありますが、その他にも様々なメリットがあります。

今回ご紹介するメリット5つ
  1. 自分の好きな時間に仕事ができる
  2. 人間関係のストレスを感じずに作業できる
  3. 案件の数がどんどん増えている
  4. 自分の好きな時間に仕事ができる
  5. 登録後、すぐに副業できるサービスが多い
メリット#01

自分の好きな時間に仕事ができる

空いた時間で仕事ができるので、本業で忙しい人や家事や子育てで忙しい人でも自分の好きな時間に仕事ができます。

案件の内容によりますがクラウドソーシングサービスを活用すれば退社後、自宅でライティングやデータ入力を行えばスキマ時間に行えます。

家にいながら収入を得たいという人に適しているでしょう。

メリット#02

人間関係のストレスを感じずに作業できる

職場に属さず、基本的にコミュニケーションをとる場面がほとんどないので自分のペースで副業を行うことができます。
パソコンだけでなく、スマートフォンでの作業が可能となります。

つまり、ストレスを感じず在宅で快適に作業することが可能です。

お金のやりとりもクラウドソーシングサービスが一貫して管理してくれるため、「人間関係のない仕事」をしたいひとはぜひおすすめです。

メリット#03

自分の特技や趣味を活かせれる

副業でクラウドソーシングサービスを活用すれば、自分の趣味や特技を活かしたお仕事ができます。
「占い」や「相談」をはじめ、多岐にわたるジャンルの案件があるので、自分の得意分野を活かしやすいのです。

自分にぴったりな案件を見つけやすいでしょう。

クラウドソーシングの市場で得意分野を活かせる案件が少なければ、複数のクラウドソーシングサービスを利用するのがおすすめです。

メリット#04

営業を行う必要がなく、実績を積めばどんどん案件が増える

クラウドソーシングサービスを活用すれば、すべてパソコン・スマホ一台で完結するため営業を行う必要はありません。

クラウドソーシングサービスなら全国各地どこにいても案件をこなすことができます。
また、案件をこなし実績を積めば営業をせずとも質全的にオファーがかかります。

メリット#05

登録後、すぐに副業できるサービスが多い

副業クラウドソーシングサービスは、いつでもどこでも登録して仕事を開始できるものが多いです。
基本的に24時間登録できるため、本業が忙しい人にとっても大きなメリットでしょう。
時間がある休日や仕事帰りの時間などを利用して、登録しましょう。

副業を始めようと思ったときに気軽に始められます。

また、パソコンだけでなくスマートフォンでも登録に対応しているため、気軽に登録することができますね。
副業を始めるために第一歩としてクラウドソーシングサービスに登録しましょう。

登録後、時間を開けずにすぐに案件に取りかかれるものもあります。
登録後、まずは試しに気になる案件を探してみましょう。

クラウドソーシングのデメリットと予防策

クラウドソーシングのデメリットと予防策
クラウドソーシングサイトを活用したときのデメリットは以下です。

クラウドソーシングのデメリット
  1. 受け取れる金額が安すぎる
  2. クライアントとのコミュニケーション問題がある
  3. 納品したにも関わらず支払いに応じてくれない
デメリット#1

受け取れる金額が安すぎる

クラウドソーシングサイトでは、10%~25%程度の手数料がかかってしまいます。
実際に取引単価に手数料を引かれるので、全然儲からないなんてこともあります。

初めてのころはどうしても、高単価よりも低単価の案件しか仕事が獲得できないため、どうしても報酬金額が低くなってしまいます。

時間をかけて納品物を納品した場合でも、時間で割ると『安すぎる』と感じてしまうのも仕方ないです。

しかし、単価が安すぎるのは初めのころだけで、着実に経験や実績を積み、スキルアップしていけば必ず高単価で取引ができます。

デメリット#1

クライアントとのコミュニケーション問題がある

クラウドソーシングサイトで仕事をやるうえでクライアントの要望をヒアリングし、要望に沿った納品物を納品しなければなりません。

そのため、クライアントとの意思疎通がうまくいかないと以下のようなトラブルを引き起こす恐れがあります。

  • 明確な依頼内容が分からない
  • 料金範囲以外の要求される
  • レスポンスが遅くて仕事が進まない

これらは、クラウドソーシングで仕事を受注したときに最も起こりやすいトラブルです。

これらのトラブルを予防するために、制作物に着手する前にきっちりと条件をすり合わせを行いましょう。
また、分からないことや疑問点は渋らずに確認することが大切です。

最終的に修正依頼が大量に着てしまわないために都度、進捗状況や確認依頼や進行の方針等を確認することも大事です。

デメリット#1

納品したにも関わらず支払いに応じてくれない

制作物を納品したにも関わらず支払いをしてくれないというトラブルも少なくありません。

質の悪いクライアントも多いのも事実。

報酬が支払われないということを避けるためにクラウドソーシングサイトで導入されている仮払い制度をしっかり活用しましょう。

「○○をやっていただいたら、即振り込みます」みたいな内容を言われても、すぐ作業にとりかからず仮払いを支払われてから着手するように心掛けましょう。

これにより、納品後にクライアントと連絡がつなくなった場合でも報酬を受け取ることができます。

仕事を引き受ける際は、報酬などの発注実績や本人確認があるのかの有無をチェックしましょう。


クラウドソーシングサイトには様々なトラブルがありますが、最低限の準備である程度予防できるものばかりです。あまり不安に思わず、まずは始めてみることをおすすめします。

クラウドソーシングの仕事の特徴

クラウドソーシングの仕事の特徴
クラウドソーシングの仕事の特徴は大きく分けて4つあります。

時間の使い方や作業の仕方が変わってきます。クラウドソーシングサイトを選ぶ前にどんな特徴があるのか理解しておきましょう。

  • 仕事依頼に対して成果物を納品して報酬を受け取るタスク形式
  • クライアントと交渉して、成果物を納品して報酬を受け取るプロジェクト形式
  • 募集内容に対しての制作物を提案し、採用されれば報酬を受け取るコンペ形式
  • サービスを出品し、そのサービスが購入されて制作物を納品して報酬を受け取る出品形式

クラウドソーシングで依頼される仕事は、パソコン(PC)一台で完結できる業務が多いです。

その為、好きな場所や好きな時間に働ける魅力もあります。

趣味や特技を活かせれるジャンルのモノから本業で培ったスキルを活かせれるジャンルもあります。

クラウドソーシングおすすめサイト3選

みんなが使っているクラウドソーシング型マッチングサイトを一挙にご紹介していきます。
クラウドソーシングサイトによっては、得意とするジャンルや不得意ジャンルなども実質あります。

メインとサブのサイトを選定して、3つか4つほど登録しましょう。
メインとサブをうまく使いこなせれば、より多くの案件を受注できるかもです。

今回はメインとサブに分けてご紹介していきます。

メインとして稼げるクラウドソーシングサイト

  1. 利用者人数が最も多い:クラウドワークス
  2. 幅広いジャンルで自分の得意を活かせれる:ランサーズ

サブとして活用するべきクラウドソーシングサイト

  1. 趣味を特技を活かせれる:ココナラ

メインとしてバリバリ稼ぐならおすすめのクラウドソーシング2選

メインクラウドソーシングサイトとして登録しておいてもらいたいものを2つ厳選してご紹介します。

利用者人数が最も多い:クラウドワークス

クラウドワークス クラウドワークスは株式会社クラウドワークスによる業界最大手が運営しており登録するだけですぐに利用できるクラウドタイプの副業マッチングサービスです。 仕事の種類は豊富で、初心者から経験者まで幅広い案件が発注・受注できます。また、スキルがない未経験者の方でも自分のスキルにあった案件を見つけやすいのが最大の特徴です。
『クラウドワークス』の案件形式
1:仕事依頼に対して成果物を納品して報酬を受け取るタスク形式 2:クライアントと交渉して、成果物を納品して報酬を受け取るプロジェクト形式 3:クライアントに採用された成果物に対して納品し報酬を受け取るコンペ形式
『クラウドワークス』の手数料
取引金額 手数料
10万円以下 20%
10万円超20万円以下 10%
20万円超 5%
もっと詳しく見る!

幅広いジャンルで自分の得意を活かせれる:ランサーズ

ランサーズ ランサーズとは、ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサービスです。 あらゆるジャンルの中から自分に合うものを見つけられ、自分のスキルに合った仕事を選びやすいのが特徴です。 スキルがない未経験者でも比較的行い易い案件が豊富で、積極的に案件応募すれば仕事を獲得できます。 急募案件は短期間で納品しないといけないため比較的効果単価です。 フリーランスとして独立するなら、登録しておきたいクラウドソーシングサービスでしょう。
『ランサーズ』案件形式
1:仕事依頼に対して成果物を納品して報酬を受け取るタスク形式 2:クライアントと交渉して、成果物を納品して報酬を受け取るプロジェクト形式 3:クライアントに採用された成果物に対して納品し報酬を受け取るコンペ形式 4:自分のスキルや時間を販売し、そのサービス内容によっての納品して報酬を受け取るサービス出品形式
『ランサーズ』の手数料
取引金額 手数料
10万円以下 20%
10万円超20万円以下 10%
20万円超 5%
もっと詳しく見る!

サブとして活用するべきクラウドソーシング

メインサイト活用とサブサイトの活用をうまく使いこなして案件を常にこなせるような状況を整えましょう。

趣味を特技を活かせれる:ココナラ

ココナラ 「ココナラ」とは、株式会社ココナラが運営する副業クラウドソーシングサービスです。 自分のスキルを出品できる副業クラウドソーシングサービスで、いつでもどこでも副業ができます。 Web専門スキルがなくても、初心者が始めやすい案件が多数あり、「ビジネス相談」や「ライフスタイルの相談」、「電話占い」、「心のカウンセリング」など自分の趣味や特技を生かした副業ができるのも最大の魅力です。
『ココナラ』案件形式
1:スキルを出品しその依頼に対して成果物を納品して報酬を受け取るタスク形式 2:クライアントと交渉して、成果物を納品して報酬を受け取るプロジェクト形式 3:クライアントと時間に対して、サービスを行い報酬を受け取る時間制方式 4:自分のスキルや時間を販売し、そのサービス内容によっての納品して報酬を受け取るサービス出品形式
『ココナラ』の手数料
取引金額 手数料
一律 22%
もっと詳しく見る!

ライターからひとこと

クラウドソーシングについて仕事内容から特徴をはじめ、おすすめのサイトをご紹介しました。

まとめると以下となります。

クラウドソーシング型マッチングサイトとは

クラウドソーシング型マッチングサイトとは、インターネットで個人から企業の不特定多数の群衆に業務を発注(アウトソーシン)したり、アイディアを募集したりする新しい業務委託の形態です。

クラウドソーシングの仕事内容と相場
仕事内容 報酬の目安
ホームページ制作 80,000円~
サイトカスタマイズ・バグ修正 10,000円~
システム開発 100,000円~
(規模による)
Webデザイン 30,000円~/ページ
デザイン・イラスト作成 20,000円~
YouTube動画作成 5,000円~/本数
プロモーション動画制作 100,000円~
記事作成・ライティング 3,000円~
英語翻訳 10,000円~
テープ起こし・文字起こし 2,000円~
資料作成 5,000円~
クラウドソーシングの仕事の特徴とは
  • 仕事依頼に対して成果物を納品して報酬を受け取るタスク形式
  • クライアントと交渉して、成果物を納品して報酬を受け取るプロジェクト形式
  • 募集内容に対しての制作物を提案し、採用されれば報酬を受け取るコンペ形式
  • サービスを出品し、そのサービスが購入されて制作物を納品して報酬を受け取る出品形式
おすすめクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトをうまく使い分けましょう。

メインとして稼げるクラウドソーシングサイト

  1. 利用者人数が最も多い:クラウドワークス
  2. 幅広いジャンルで自分の得意を活かせれる:ランサーズ

サブとして活用するべきクラウドソーシングサイト

  1. 趣味を特技を活かせれる:ココナラ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)