MENU

クラウドソーシングでWebライターは稼げるの?仕事内容から案件相場まで徹底解説!

この記事で解決できる悩み
  • クラウドソーシング型マッチングサービスでWebライターは稼げるのか?
  • クラウドソーシング型マッチングサービスのWebライターの案件相場と仕事内容とは?
  • Webライターで稼ぐクラウドソーシング型マッチングサービスの選び方とは?
  • Webライター未経験の方がクラウドソーシング型マッチングサービスで仕事を始める方法とは?
  • Webライターにおすすめのクラウドソーシング型マッチングサービスとは?
  • クラウドソーシング型マッチングサービスでWebライターで稼ぐためのコツとは?

個人を始め企業の多くが運営しているWebサイト。

その中でもアフィリエイト業域で活動している多くは、Webライターをやとったり、外注に書かせているのが大半です。

ですので、クラウドソーシング型マッチングサービスでは、『記事作成』の案件が豊富です。

そこで、今回はクラウドソーシング型マッチングサービスでWebライターは稼げるのかをはじめ、仕事内容・種類や一文字あたりの単価をご紹介していきます。

クラウドソーシング型マッチングサービスでWebライターは稼げるのか?

クラウドソーシング型マッチングサービスでWebライターは稼げるのか?
クラウドソーシング型マッチングサービスのWebライターの仕事案件の価格は様々です。

ですが、クライアントによっては継続的に依頼を受注できるため安定した収益を見込めます。また、一文字当たりの単価が上がれば、それ以上の収益が発生します。

前提に、スピーディーに良質な記事を作成することが条件となります。

初心者の方が一つの記事を作成するおおよその時間は、本業後の時間や休みの時間を使った場合で5日程かかります。

納品する記事の文字ボリューム数でも左右されます。

1文字あたりの単価は最低でも0.1円(結構稀です)~最高で3円ほどです。
多くの人は、1文字あたり1円~1.3円が一般的だと思います。

ライティング能力が高ければ高いほど、継続依頼も獲得でき安定した収益が見込めます。
つまり、Webライターはレビューや実績がある程度貯まれば、着実に稼ぐことができます。

クラウドソーシング型マッチングサービスのWebライターの案件相場と仕事内容とは

クラウドソーシング型マッチングサービスのWebライターの案件相場と仕事内容とは
クラウドソーシング型マッチングサービスを活用したときにWebライターの案件相場と仕事内容についてご紹介していきます。

Webライターの案件相場は発注側のクライアントによって料金が変動します。

クライアントが記事依頼する場合の単価設定の種類は以下となります。

  • 1記事◯円(例:1記事1,000円/1記事4,000円)
  • まとめて金額提示されている場合もあり、「10記事で40,000円」などの提示例もあります。

  • ◯文字あたり◯円(例:1文字あたりで0.5円~2円

上記はどちらも文字数の制限などが課せられる場合が多いです。

TRYKMAGAZINE
TOH
もちろん、文字単価が高い案件の方が短時間で稼ぐことができます。それに伴いますが、単価が高い案件の場合は記事のレベルもそれ相当のものが求められます。

仕事内容は主にクライアントからの指定ジャンルに対して記事を作成して納品し、修正が無ければ報酬を受け取れます。

Webライティングするジャンルは様々あり、得意な分野、興味のある分野、好きな分野の記事に応募でき、好きなことであれば苦にならないでしょう。

実際に、クラウドソーシングサイトで案件募集している記事のジャンルは以下となります。
「専門性を活かしたもの」や「経験が活かせるもの」、「趣味を活かせれるもの」に分類してご紹介していきます。

自分の知識が深いものや好きなものがあれば積極的にクラウドソーシングサイトで応募して挑戦していきましょう。

専門性が活かせれる分野

本業でやっている分野であれば高単価が見込める分野となります。

  • 金融
  • 法律
  • 医療
  • FX
  • 仮想通貨
  • 不動産

経験が活かせれる分野

一度は経験がある分野ですので、手が出しやすいかと思います。

  • ビジネス
  • 就職/離職/転職
  • 健康
  • ダイエット
  • 結婚/離婚
  • 出産/子育て
  • 受験/留学
  • 生活の知恵
  • 料理
  • 恋愛

趣味を活かせれる分野

大好きな趣味を活かしてより深堀できる分野です。

  • 旅行
  • スポーツ
  • 美容
  • 映画
  • アイドル

経験のジャンルですが不倫系などのギトギトした内容の執筆は比較的、高単価で取引されているためおすすめです。

TRYKMAGAZINE
TOH
案件応募の際はプロフィールなどに趣味の経歴や応募に添う内容をこと細かく書くと当選される確率が上がります。

WEBライター未経験の方がクラウドソーシング型マッチングサービスで仕事を始める方法

WEBライター未経験の方がクラウドソーシング型マッチングサービスで仕事を始める方法

クラウドソーシング型マッチングサービスを活用する流れ
  • 1.クラウドソーシングに会員登録する
  • 2.プロフィールの必要事項を記入しよう
  • 3.ポートフォリオを登録しよう
  • 4.実際に案件を探して応募しよう
ステップ#1

クラウドソーシングサービスに会員登録する

まずは、利用者人数が多いクラウドソーシング型マッチングサービスのサイトに飛び、メールアドレスを入力して送信しましょう。

しばらくすると、クラウドソーシングからメールが届くので、URLをクリックして会員登録を行いましょう。

クラウドソーシングからメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認しましょう。
また、迷惑フォルダにない場合は、再度、クラウドソーシングのサイトに戻りメールの綴りが間違えていないか確認し、再度送信しましょう。
ステップ#2

プロフィールや経歴を記入しよう

会員登録が完了したら、住所・氏名・プロフィール画像、個人の説明文などを記入し自分のプロフィールを充実させていきましょう。

特にプログラミングスキルで副業する場合は、これまでやってきたことが重要視されるため、個人の説明欄のところはより深堀してこと細かく記載しましょう。

ステップ#3

ポートフォリオを制作実績を掲載しよう

プロフィールを充実させたら、次にポートフォリオを充実させていきましょう。

ポートフォリオは今までの実績を一目で確認できるため、クライアント様との案件取引の判断基準となります。

その為、プロフィールよりもポートフォリオに注力したほうが先手です。

あくまでも、ポートフォリオは既存のサービスやアプリのコピーではなく、必ずオリジナルの作品を掲載してください。

ステップ#4

実際に案件を探して応募しよう

実際に得意とするスキルを検索窓から検索して、案件に応募してきましょう。
仕事内容や納期までに日数、報酬金額を必ず確認し、自分のスキルに合う条件の案件に挑戦しましょう。

どの程度の案件を受注できるか悩んだら、まずは今の実力を案件内容と照らし合わせて、70%~80%できるものを選定してきましょう。

残りの20%~30%は調べながらこなせれるレベルのものを選定していきましょう。

Webライターで稼ぐクラウドソーシング型マッチングサービスの選び方

Webライターで稼ぐクラウドソーシング型マッチングサービスの選び方
Webライターで稼ぐためには取引相手や記事単価はもちろんですが、
最も重要なのが、どのクラウドソーシング型マッチングサービスを活用するかが重要になってきます。

クラウドソーシング型マッチングサービス自体の取引件数が少ないと、実績が多い人に依頼するのが多いです。

クラウドソーシングの選び方#1

ライティング案件が多いサイトを選ぶ

クラウドソーシングサービスを選ぶ上で最も重要なのが「ライティング案件の豊富さ」です。
実際にクラウドソーシングを活用するうえで、案件数が少なければ仕事が受注出来ません。

ですので、まずは活用するクラウドソーシングサービスの検索窓(仕事を探す)から『記事』と検索しましょう。
そうすると、検索件数が表示されます。この検索件数が多いクラウドソーシングをメインとして活用しましょう。

やはり、Webライターとして稼ぐうえで大切なのが数をこなすことなので、そもそも記事案件数が少なければ稼ぐことすら出来ません。

そうならないためにも、利用者人数が多くて取引案件数が活発なクラウドソーシング型のマッチングサイトを使うことをおすすめします。

実際に挫折する方に多いのが『書ける案件がないパターン』が多いので、案件数がもっとも重要となります。

利用者人数が最も多いクラウドソーシングサイト『クラウドワークス』『ランサーズ』からリサーチしてみましょう。

クラウドソーシングの選び方#2

高単価案件が多いサイトを選ぶ

クラウドソーシングでは、ランク制度があります。
このランク制度が高ければ高いほど、受注率が高まります。

以下は昇格制度があるクラウドソーシングサイトです。

TRYKMAGAZINE
TOH
ランク制度があれば、その人の信頼度の判別がつきやすいのでクライアントによっても仕事を任せやすいんですよね。

仕事をこなせばこなすほど、単価が上がりやすいので特に継続依頼されているライターは稼ぐ傾向にあります。

Webライターにおすすめのクラウドソーシング型マッチングサービス5選

Webライターにおすすめのクラウドソーシング型マッチングサービス6選
Webライターにおすすめのクラウドソーシング型のマッチングサービスについて厳選してご紹介していきます。
メインとサブの使い分けをうまくこなして、実績をバンバン作っていきましょう。

メインとしてバリバリ稼ぐならおすすめのクラウドソーシング2選

メインクラウドソーシングサイトとして登録しておいてもらいたいものを2つ厳選してご紹介します。

利用者人数が最も多い:クラウドワークス

クラウドワークス クラウドワークスは株式会社クラウドワークスによる業界最大手が運営しており登録するだけですぐに利用できるクラウドタイプの副業マッチングサービスです。 仕事の種類は豊富で、初心者から経験者まで幅広い案件が発注・受注できます。また、スキルがない未経験者の方でも自分のスキルにあった案件を見つけやすいのが最大の特徴です。
『クラウドワークス』の案件形式
1:仕事依頼に対して成果物を納品して報酬を受け取るタスク形式 2:クライアントと交渉して、成果物を納品して報酬を受け取るプロジェクト形式 3:クライアントに採用された成果物に対して納品し報酬を受け取るコンペ形式
『クラウドワークス』の手数料
取引金額 手数料
10万円以下 20%
10万円超20万円以下 10%
20万円超 5%
もっと詳しく見る!

幅広いジャンルで自分の得意を活かせれる:ランサーズ

ランサーズ ランサーズとは、ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサービスです。 あらゆるジャンルの中から自分に合うものを見つけられ、自分のスキルに合った仕事を選びやすいのが特徴です。 スキルがない未経験者でも比較的行い易い案件が豊富で、積極的に案件応募すれば仕事を獲得できます。 急募案件は短期間で納品しないといけないため比較的効果単価です。 フリーランスとして独立するなら、登録しておきたいクラウドソーシングサービスでしょう。
『ランサーズ』案件形式
1:仕事依頼に対して成果物を納品して報酬を受け取るタスク形式 2:クライアントと交渉して、成果物を納品して報酬を受け取るプロジェクト形式 3:クライアントに採用された成果物に対して納品し報酬を受け取るコンペ形式 4:自分のスキルや時間を販売し、そのサービス内容によっての納品して報酬を受け取るサービス出品形式
『ランサーズ』の手数料
取引金額 手数料
10万円以下 20%
10万円超20万円以下 10%
20万円超 5%
もっと詳しく見る!

サブとして活用するべきクラウドソーシング3選

メインサイト活用とサブサイトの活用をうまく使いこなして案件を常にこなせるような状況を整えましょう。

趣味を特技を活かせれる:ココナラ

ココナラ 「ココナラ」とは、株式会社ココナラが運営する副業クラウドソーシングサービスです。 自分のスキルを出品できる副業クラウドソーシングサービスで、いつでもどこでも副業ができます。 Web専門スキルがなくても、初心者が始めやすい案件が多数あり、「ビジネス相談」や「ライフスタイルの相談」、「電話占い」、「心のカウンセリング」など自分の趣味や特技を生かした副業ができるのも最大の魅力です。
『ココナラ』案件形式
1:スキルを出品しその依頼に対して成果物を納品して報酬を受け取るタスク形式 2:クライアントと交渉して、成果物を納品して報酬を受け取るプロジェクト形式 3:クライアントと時間に対して、サービスを行い報酬を受け取る時間制方式 4:自分のスキルや時間を販売し、そのサービス内容によっての納品して報酬を受け取るサービス出品形式
『ココナラ』の手数料
取引金額 手数料
一律 22%
もっと詳しく見る!

テストで実績を付けたい方におすすめ:サグーワークス

サグーワークス 『ザグーワークス』は、株式会社ウィルゲートが運営している記事作成に特化したクラウドソーシングサービスです。 アカウントを作成することで、すぐに仕事を受注できライター向きの案件が多いです。 文章を書くのが好きな人にはお勧めの副業クラウドソーシングサービス。 ザグーワークスは獲得ポイントに応じてのランキングがあり、上位に入賞すればボーナスポイントが獲得できる特典があります。 また、プラチナライターになると文字単価が高く、限定案件のみでもガッツリと稼げる特徴もあります。 必ずしも、執筆した文章がすぐにお金になるのではなく、執筆した記事がクライアントから認証されなければポイントが入らないので注意がしましょう。
『サグーワークス』案件形式
興味のある記事を書いてクライアントから認証されれば、 記事ごとにポイントが寄付されます。その寄付されたポイントが換金できる仕組みです。
『サグーワークス』の手数料
お仕事の報酬に対しての手数料は0円です。
もっと詳しく見る!

スキマ時間に小遣い稼ぎができる:REPO(ルポ)

REPO(ルポ) REPO(ルポ)とは、サクラサクマーケティング株式会社が運営しているライティング案件数No,1の実績を誇るクラウドソーシングサービスです。 簡単で手軽に書ける案件が豊富で、「キーワードに対するまとめ記事」や「体験談」など様々な案件があります。 また、契約や仕事内容などについてクライアントと相談する必要がないので、人と話すことが苦手な人や仕事上の取引が苦手な人にはおすすめのクラウドソーシングサービスです。 テンプレートに沿って書けるのも魅力で、初心者の方やスマホで作業したい方でも安心してご利用いただけます。
『REPO(ルポ)』案件形式
案件を探し記事を作成し投稿します。記事審査に通れば報酬を受け取れる形式
『REPO(ルポ)』の手数料
システム手数料や振り込み手数料が一切かかりません
もっと詳しく見る!

クラウドソーシング型マッチングサービスでWebライターで稼ぐためのコツ

クラウドソーシング型マッチングサービスでWebライターで稼ぐためのコツ
クラウドソーシング型マッチングサービスでライティングで稼ぐためのコツを他の人の知見や経験に基づいてご紹介していきます。

実際にクラウドソーシングサイトで稼ぐための第一歩として以下の内容を頭に入れて取り組むことがおすすめです。

稼ぐためコツ

  1. とにかく書く
  2. 習慣化付けて毎日書く
  3. 安い案件でも受け、数をこなして実績をつける
  4. 高単価案件にどんどん挑戦する
TRYKMAGAZINE
TOH
はやり初めての方は、案件獲得が難しいのが現状です。いきなり大量の案件が来るなんてことはまずないでしょう。
ですが、まずは数稽古でこれでもかってくらい経験と実績を着実に積み重ねれば、自ずと案件が増えてきます。

とにかく書く

まず、大事なのが『とにかく書く』ことです。

Webライターは、書くことに慣れていないと実績をなかなか高スピードで積むことが出来ません。
初めのことは単価が安くても積み重ねれば大きな額になります。

書けそうなネタからとりあえず書くようにしましょう。
また、ある程度の自分の得意のするジャンルに挑戦できたら得意としないジャンルに挑戦していきましょう。

習慣化付けて毎日書く

とにかく書くを徹底して取り組む事ができたら、次に『習慣化付けて毎日書く』ようにしましょう。
定期的に書くというよりも時間の確保を調整して寝る前の一時間や終業後の2時間を確保して習慣化していきましょう。

TRYKMAGAZINE
TOH
『よし、筋トレグッズを買って筋トレを毎日にようにしよう』って生き込んでも3日坊主なります。
そうならないためにも『パソコンを必ず触る』『寝る一時間前は記事作成』するなど習慣化付けて取り組むことをおすすめします。

安い案件でも受け、数をこなして実績をつける

数をこなして実績を貯蓄するためにまずは、安い案件を受け実績を付けましょう。

案件相場よりも案件取引額を落として実績を受けるように心がけましょう。
初めての方は特に、他のプレイヤーと比べても仕事を決まりにくい確率が非常に高いです。

ですので、仕事が決まらない可能性が大いにあるということです。

それを回避するためにも案件相場よりも低単価で案件を獲得し、実績を積むようにしましょう。

高単価案件にどんどん挑戦する

月5万円以上稼ぐためにも、高単価な案件にどんどん応募して挑戦獲得しましょう。
ポートフォリオの充実やプロフィールの充実を徹底的に行っていれば、実績が貯まっいなくとも案件獲得に期待できます。

ライターからひとこと

Webライターは稼げるのかを筆頭にWebライターの稼げるコツについてご紹介しました。

メインとサブのクラウドソーシングサイトをうまく使いこなして月10万円以上の副収入を得ましょう。

おすすめクラウドソーシングサイト

Webライターの知見や知識を取り入れよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)