Windows

Windows10でスクリーンショットを撮る3つのやり方

TRYKMAGAZINE
トライクマガジン
Windows10のスクリーンショットのやり方は3つ紹介するよ!あと、時短で行えるショートカットキーを解説するよ!
この記事で解決できる悩み
  • Windows10のスクリーンショットの3つのやり方とは?
  • 時短で行うことができるショットカットキーとは?
  • Windows搭載されてるスクリーンショットソフトとは?

スクリーンショットとは

パソコンの画面を撮ることができます。
その撮影した画面は画像ファイルとして保存することができます。

Windows10のスクリーンショットのやり方

スクリーンショットを行うとき時間をかけずに『キーボード操作』だけでやりたいですよね?
そんな方は以下を参考にしてください。

スクリーンショットのやり方1

画面全体をスクリーンショットするなら[Windows]+[PrintScreen]

WindowsPrintScreenを同時に押します。
すると、デスクトップ全体をスクリーンショットし、自動保存してくれます。
また、二つのデスクトップを利用している場合、二つともスクリーンショットで保存されます。

このWindowsPrintScreenのやり方は、『ピクチャ』⇒『スクリーンショット』に自動保存されます。

『エクスプローラー』→『PC』→『ピクチャ』の順にクリックして、『スクリーンショット』のファイルフォルダを開くと、スクリーンショットが自動で保存されています。

Windows10スクリーンショット

また、ノートパソコンなどは『Print Screen』がない場合があります、その場合は、WindowsFnPrt Scrキー3つ同時に押してください。
そうすると、画面全体をスクリーンショットしてくれます。

やり方1-1単体でクリップボードにコピーするなら[Print Screen]

『スクリーンショットのフォルダ』に自動保存せずに『クリップボードに画像をコピー』するならPrintScreenを押してください。

この活用方法は、Windowsの標準ソフト『ペイント』を開き、コピーしたスクリーンショットを貼り付け、括弧や丸などの装飾瞬時に編集することができます。

※Windowsの標準ソフト『ペイント』でなくても、『adobeの「Photoshop」や「illustrator」』などの画像編集ソフトでも可能。
Windows10スクリーンショット
スクリーンショットのやり方2

『切り取り&スケッチ』を起動してスクリーンショットするなら[Windows]+[Shift]+[S]

WindowsShiftSのこのスクリーンショットのやり方が定番です。

この方法は、Windowsで搭載された『切り取り&スケッチ』というツールをショットカットキーで起動され、スクリーンショットを取る方法です。

汎用性が高く、最も使っている人が多いのではないでしょうか。

この方法の良いところとは?

  • 領域の指定切り取りが可能
  • ショットカートキーで瞬時に呼びたし、編集・加工できる

実際に使用例を確認してください。

  • STEP1
    [Windows]+[Shift]+[S]を同時に押し、「切り取り&スケッチ」を起動させます。(起動すると画面が薄暗くなります。)
    Windows10スクリーンショット

    WindowsShiftSの同時に押すと、画面が薄暗くなります。

    また、別の起動方法は以下になります。

    Windows10スクリーンショット

    ①タスクバーの左下の「ここに入力して検索」の部分に『切り取り & スケッチ』と入力してください。

    そうすると、上記画像②が表示されます。
    この左上の『新規』をクリックしましょう。

  • STEP2
    任意の『タブ』をクリックしましょう。
    Windows10スクリーンショット

    スクリーンショット形式を選択

    1. 四角形の領域切り取り
    2. フリーフォーム領域切り取り
    3. ウィンドウの領域切り取り
    4. 全画面の領域切り取り

    今回は、『①四角形の領域切り取り』を利用して、切り取りたい箇所を作成します。

  • STEP3
    画面保存したい箇所を切り取る
    Windows10スクリーンショット

    画面保存したい部分にカーソルをドラッグして囲みます。
    すると、右下に通知画面が表示されるので、そちらをクリックします。

  • STEP4
    『保存』する
    Windows10スクリーンショット

    『保存』をクリックすれば、任意の場所に保存できます。

スクリーンショットのやり方3

Windows搭載ソフト『Snipping Tool』を利用してスクリーンショット

Windowsの搭載されている『Snipping Tool』というツールを使ってスクリーンショットを取ることができます。

先ほど紹介した『切り取り&スケッチ』の進化版が『Snipping Tool』と認識していいでしょう。

ショートカットキーで立ち上げることが不可能で、ソフトを立ち上げのスクリーンショット撮影となります。

  • STEP1
    「スタートメニュー」→「Windowsアクセサリー」→「Snipping Tool」をクリックしましょう。または、検索窓から「Snipping Tool」を検索&クリック。

    ①「スタートメニュー」→「Windowsアクセサリー」→「Snipping Tool」をクリックしましょう。

    Windows10スクリーンショット

    または、検索窓から「Snipping Tool」を検索して、アプリをクリックしてください。

    Windows10スクリーンショット
  • STEP2
    「Snipping Tool」を起動させたら、モード設定を行います。
    Windows10スクリーンショット

    モードから任意の設定を行ってください。

    四角形で切り取りたい場合は、「四角形の領域を切り取り」を選択してください。

    また、切り取り領域を遅延でスクリーンショットすることもできます。

  • STEP3
    『新規作成』ボタンをクリックし画面保存したい部分にカーソルをドラッグして、囲みます。
    Windows10スクリーンショット

    保存したい箇所を囲みます。

  • STEP4
    名前を付けて保存する
    Windows10スクリーンショット

    ドラッグした後は自動的に「snipping Tool」のウィンドウが出てきます。
    「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックすると、画像保存ができます。

ライターからひとこと

Windows10でできるスクリーンショットで撮影するやり方を3つ紹介しました。

3つの方法をまとめると…

  1. 画面全体をスクリーンショットするなら[Windows]+[PrintScreen]
  2. 『切り取り&スケッチ』を起動してスクリーンショットするならWindowsShiftS
  3. 『Snipping Tool』を利用してスクリーンショット

時間をかけずにスクリーンショットを撮りたい人はぜひためしてみてください。

クラウドソーシング

クラウドソーシングを賢く立ち回る方法を実践して月額の収益を安定させましょう。

クラウドソーシング型マッチングサービスの賢い立ち回り方法は、メインサイトを1~2個をメインに絞り、サブメインに2個程活用するのがおすすめです。

ECサイトの運営と同様に自社サイトの設立はもちろん、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazon、Qoo10など、他のモールに展開したほうが大きな売上が見込めるからです。
アクセス数が多いクラウドソーシング型マッチングサービスをメインにおき、アクセス数がそこまでなく、取引自体少なそうなクラウドソーシングをサブに置くのが適切です。

登録した初めのころは、仕事も少なく、募集案件に応募する形となります。
また、クライアント側の判断材料として『レビュー評価』『取引実績』です。そのため新規でアカウント作成してもなかなかいい仕事が見つからないときもあります。
それを回避するためにも、複数のクラウドソーシング型マッチングサービスを活用する方がバランスよく仕事が見つかります。

余談ではありますが、ひとつのクラウドソーシング型マッチングサービスで実績が貯まれば他のサイトに告知すると効果抜群です。実績や高評価レビューがなくても確かな信頼を獲得できるはずです。

例:クラウドワークスでも活躍中!レビュー:4.6 総取引実績 30件 高品質をモットーに○○を提供させていただきます。