MENU

WindowsとMacを買うならどっちがおすすめ。違いについて解説。実際に使ってみてわかったこと

TRYKMAGAZINE
TOH
WindowsとMacならどっちがいいの

パソコンを購入するときにWindowsMacどちらにするのか悩んでしまいます。
パソコンを初めて購入する人は「どこに重視して買うのか」「なんの目的で買うのか」をしっかり決めないと後々公開してしまいます。

そこで、WindowsとMacの違いを解説していくとともに、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。


WindowsとMacの違い

WindowsとMacのおおまかな違いは以下になります。

違い①OSの違い


WindowsとMacの大きく異なるところはOS違いです。
OSを簡単に説明すると、コンピューターを支える土台みたいなものです。

Windowsの場合、Microsoftが[sorn]OS[/sorn]を開発しています。パソコン本体はDELL(デル)やHP(ヒューレットパッカード)などが製造販売しています。


Macの場合だとApple社がOSとパソコン本体も自社製造して開発しています。
OSによってWindowsとMacのシステム操作性が異なります。

OSとは?

「OS(Operating System)」とは、システム全体を管理し、さまざまなアプリケーションソフトを動かすための最も基本的なソフトウェアのことです。

違い②対応ソフトの違い


WindowsとMacの違いを知る上で最も重要なポイントは対応しているソフトが違うことです。
WindowsしかないソフトやMacでしか使えないソフトが多数あり、主にビジネス用途に開発されているソフトウェアはWindows向けのモノが多く、Macの場合は対応した純正アプリやその代替となるソフトでカバーすることが多いです。

また、Windows利用者数が多くソフトウェアの数も圧倒的にWindowsのほうが高いとされています。

違い③操作性の違い


WindowsとMacではキーボードの配置やショートカットキーの使い方などにも違いがあります。
例えば、WindowsのCtrlキーと同じような役割を果たすのが、Macではcommandキーとなります。
配置に関してもWindowsのCtrlキーが一番左下にあるのに対し、Macのcommandキーは、左から3番目あたりに配置されています。

違い④製品数の違い


先ほどご紹介しましたが、Windowsは様々なメーカーが開発しているのに対し、Macは自社で開発しています。
そのため、Windowsはデザイン・スペック・価格が細かく様々ですが、Macはデザインやスペックに統一性があります。

また、Windowsはリーズナブルから高価なものまで幅広く選べるのも魅力の一つです。
MacはWindowsと比べて高値ですが、性能の良さや洗練されたデザインなどはWindowsに劣ることのない一面もあります。

WindowsとMacのメリット・デメリット

次にWindowsとMacのメリット・デメリットをご紹介していきます。

Windowsのメリット

  • シェアが圧倒的に大きい
  • 世界中でWindowsのシェア率は約80%ぐらいと圧倒的です。

  • ソフトウェアが豊富
  • Macに比べてソフトウェアが多く、無料でソフトウェアがダウンロードできます。

  • 価格がお手頃
  • 様々なメーカーが製造しており価格競争のため、値段がお手頃のものが多い。

  • 対応している周辺機器やソフトが多い
  • 対応している外部機器が多く、値段もお手頃のモノが多い。

  • カスタマイズできる
  • スペックを増加したいときでも自由にカスタマイズできるモデルが多いです。

Windowsデメリット

  • ユーザー数が多いため、ウイルス作成者に狙われやすい
  • 商品が多すぎて、どれにすればいいのか迷う
  • Macは直感的な操作ができるが対応ソフトウェアが少ない

Macのメリット

  • セキュリティーが高い
  • 利用者のセキュリティを守るためのシステム保護や暗号化の技術が標準機能として実装されているし、アプリケーションやデータ保護、ネットワーク、インターネットといった企業セキュリティを担保するうえでの高度な技術がmacOSには組み込まれている。

  • 立ち上がりが早い
  • 内部にSSDを採用されてることが多く、パソコン起動時やソフトウェアの立ち上がりが早いとされています。

  • 安定感の強いデザイン性
  • MacノートPCは性能やデザイン性から持ち運びにも最適とされ裏切られない安定感があります。

  • グラフィックス系が強い
  • カスタマイズしなくても内部にグラフィック性能がWindowsよりも標準搭載されているため、写真や音楽・動画作成にも強い。

  • MacPCでWindowsを使える
  • MacにWindowsのOSを入れれるため、Windowsでしか使えないソフトなどが使える。

Macのデメリット

  • 価格がWindowsに比べて割高
  • Windowsに比べるとソフトウェアがすくない
  • ゲーミングするのに向いていない

実際に著者が使ってみておもったこと

ここでは実際に著者がWindowsMacをつかってみて思ったことをご紹介します。

動画編集や写真加工ならMac。
ビジネス用途ならWindows。

特に動画編集ではMacでしか使えないfinal cut proなどがありますが、
動画編集以外ならWindowsでもMacでもあまり変わらないです。

著者はWindows歴が長いのもあるのでショートカットキーの使いやすさやOSの操作性はWindows派です。

動画編集も多々することがあります。
はじめはMacPcでfinal cut proを使用していましたが、よくよくMacを使わない日が来たら今まで覚えたfinal cut proの操作が無駄になります。
時間と労力をかけて覚えた操作性が水の泡になってしまいます。

そこで両方に乗り換えても使える adobeソフトがあればWindowsでもいいと…

個人の愛用歴が長い方はいいのですが、初めての方で価格を抑えたいならWindows。見た目やデザイン性を重視するならMacをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)