Windows

Google chromeで間違えて閉じたタブや閲覧したものを復元・戻す方法

TRYKMAGAZINE
トライクマガジン
Googleで閲覧してたものが突然きえて復元したい

Googleでたくさんのタブを開いて作業しているときに間違えて消してしまった経験はありませんか。
もう一度調べなおすのも面倒だし、Googleの履歴から探すのも手間がかかります。

ブラウザのクラッシュや操作ミスで消えてしまったタブの復元方法についてご紹介していきます。

タブを簡単に復元できるショートカットキー

Windowsならctrl+Shift+T
MacならCommand+Shift+T

このキーボードショートカットキーで誤って閉じてしまったタブを復元できます。
タブすべて一括で復元することはできませんが、瞬時に戻したいときや復元したい時はとても便利です。
※たまに復元できない場合もあります。

Chromeの履歴を確認する

もしもショートカットキーで復元できない場合はGoogleの閲覧履歴から確認しましょう。
右上の三点メニューをクリックして、[履歴]を選択してください。

履歴に戻したいタブがあれば表示することができます。

リストを検索して、前回Chromeを起動したときに最初に開いたページを探せば(たとえば、履歴の時刻に大きなギャップがある場所を探す)、その履歴より新しい履歴が、復元したいタブのリストになるはずです。

あとがき

Googleのタブの戻し方について簡単にご紹介させていただきました。

Windowsならctrl+Shift+T
MacならCommand+Shift+T

Google chromeを利用している方は頻繁に使えるショートカットキーなので覚えて損はないと思います。