Windows

Windows10でスタートアップを追加・登録!PC起動時に自動で立ち上げる方法!

TRYKMAGAZINE
トライクマガジン
パソコンを起動した時に自動で指定のソフトを立ち上げたいときに便利な設定だよ!
この記事で解決できる悩み
  • Windows10でスタートアップフォルダの表示する方法とは?
  • Windows10でスタートアップに追加・登録する方法とは?

Windows10でスタートアップに追加・登録する方法

Windows10でスタートアップに追加・登録する方法についてご紹介します。

パソコン起動時にいつも決まったソフトや指定のブラウザを立ちげるときはかなり便利です。

スタートアップフォルダの表示方法

まずは、スタートアップするための格納フォルダを見ていきましょう。
やり方が2通りあります。自分がやりやすいやり方で実践していきましょう。

表示方法その1『エクスプローラー』から『スタートアップフォルダ』を表示

  • STEP1
    『エクスプローラー』を表示
    Windows10スタートアップ追加

    初期設定で何も扱ってない状態だと上記の枠線のアイコンがあるはずです。
    この『エクスプローラー』のソフトを表示させましょう。

  • STEP2
    エクスプローラーの赤枠に『shell:startup』と入力と『Enter』
    Windows10スタートアップ追加

    上記画像の赤枠線の箇所に『shell:startup』と入力してEnterをクリック。

    Windows10スタートアップ追加

    ページが変わると思います。

    C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

    赤枠線の部分が上記になっていれば大丈夫です。

  • 表示
    スタートアップフォルダが表示されます。

表示方法その2ショートカットでスタートアップを表示

  • STEP1
    Windows10スタートアップ追加

    Windowsを右クリックし、『ファイル名を指定して実行』をクリック。

    もしくは、WindowsR

    そうすると、下記の画像が表示されます。

  • STEP2
    名前の入力箇所に『shell:startup』と入力と『OK』ボタンをクリック
    Windows10スタートアップ追加

    名前の入力箇所に『shell:startup』と入力してEnterもしくは『OKボタン』をクリックします。

    スタートアップフォルダが表示されました。

  • 表示
    スタートアップフォルダが表示されます。

スタートアップに追加・登録

スタートアップさせたいアプリ・ソフトを追加このファルダに追加していきます。

Windows10スタートアップ追加

『スタートアップさせたいアプリ』をスタートアップフォルダに『ドラッグ』していきましょう。

ショートカットを作成してソフトを入れる

次にスタートアップしたいソフトをショットカットを作成して入れる方法を紹介します。

  • STEP1
    ショットカットを作成
    Windows10スタートアップ追加

    ①:空いてる欄に右クリックしましょう。

    ①:『新規作成』をクリック
    ③:『ショートカット』をクリック

  • STEP2
    『参照』をクリックし、『ショートカット』を作成しましょう。
    Windows10スタートアップ追加

    ④:『参照』を選択し、入れたい『ソフトウェア』を入れていきましょう。

    また、ソフトを『ドラッグ&ドロップ』でも大丈夫です。

  • 完成
    パソコンを再起動すると、スタートアップに追加した『ソフト』が立ち上がります。

ライターからひとこと

Windowsのスタートアップを追加・登録する方法について解説しました。

定期的に開くソフトは『スタートアップフォルダ』に入れておくことをおすすめします。
ぜひ、この際に活用しましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングを賢く立ち回る方法を実践して月額の収益を安定させましょう。

クラウドソーシング型マッチングサービスの賢い立ち回り方法は、メインサイトを1~2個をメインに絞り、サブメインに2個程活用するのがおすすめです。

ECサイトの運営と同様に自社サイトの設立はもちろん、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazon、Qoo10など、他のモールに展開したほうが大きな売上が見込めるからです。
アクセス数が多いクラウドソーシング型マッチングサービスをメインにおき、アクセス数がそこまでなく、取引自体少なそうなクラウドソーシングをサブに置くのが適切です。

登録した初めのころは、仕事も少なく、募集案件に応募する形となります。
また、クライアント側の判断材料として『レビュー評価』『取引実績』です。そのため新規でアカウント作成してもなかなかいい仕事が見つからないときもあります。
それを回避するためにも、複数のクラウドソーシング型マッチングサービスを活用する方がバランスよく仕事が見つかります。

余談ではありますが、ひとつのクラウドソーシング型マッチングサービスで実績が貯まれば他のサイトに告知すると効果抜群です。実績や高評価レビューがなくても確かな信頼を獲得できるはずです。

例:クラウドワークスでも活躍中!レビュー:4.6 総取引実績 30件 高品質をモットーに○○を提供させていただきます。