Windows

Windows10のタスクバーの色を変更する方法!好みの色に変更しよう!

TRYKMAGAZINE
トライクマガジン
Windowsのタスクバーの色の変更の仕方について解説します。
この記事で解決できる悩み
  • Windows10でタスクバーの色を変更する方法とは?

Windowsのタスクバーを好きな色に変更する仕方を解説します。

ダーク調の雰囲気が見やすい人は『ダーク』に設定しましょう。

また、明るくさっぱりとした雰囲気が好きな人は、『ライト』に設定しましょう。

Windowsのタスクバーとはここのことです。
全体的に色をカスタマイズすることができます。

それでは見ていきましょう。

Windows 10のタスクバーの色を変更する方法

Windowsタスクバーの色の変更方法について解説していきます。

タスクバーの色の設定方法

ここから『完成イメージ』から『Windowsタスクバーの色を変更する方法』について解説します。

完成イメージ

Windowsタスクバー色

上記は『タスクバー』の色をダークトーンとライトトーンに変更したカスタマイズデザインになります。

  • STEP1
    左下の『Windows』ボタンをクリック
    Windowsタスクバー色

    パソコンデスクトップ上の左下ボタンに『Windows』のアイコンがあります。
    ここをクリック。もしくはキーボードWindows ロゴ キーをタップ!

  • STEP2
    『設定マーク』をクリック
    Windowsタスクバー色

    『設定マーク』をクリックしましょう。

  • STEP3
    『個人用設定』をクリック
    Windowsタスクバー色

    中央にある付近にある『個人用設定』をクリックしましょう。

  • STEP4
    『色』をクリック
    Windowsタスクバー色

    上から2番目の『色』をクリックしましょう。

  • STEP5
    『ライト』or『ダーク』の設定
    Windowsタスクバー色

    自分の好みに合う設定を行いましょう。
    『ダーク』または『ライト』に設定したとき、『Windowsロゴマーク』の色も並行して変わります。

タスクバーの付近(アイコン背景)のカラー変更

次に、タスクバー付近とアイコン背景のイメージカ
ラーの設定の仕方について解説していきます。

ここも重要な設定ポイントになります。

完成イメージ

Windowsタスクバー色

デスクトップのソフト付近などの色を変更することができます

設定箇所は上記と同様の部分になります。
『STEP5』の箇所だけ変えてます

  • STEP1
    左下の『Windows』ボタンをクリック
    Windowsタスクバー色

    パソコンデスクトップ上の左下ボタンに『Windows』のアイコンがあります。
    ここをクリック。もしくはキーボードWindows ロゴ キーをタップ!

  • STEP2
    『設定マーク』をクリック
    Windowsタスクバー色

    『設定マーク』をクリックしましょう。

  • STEP3
    『個人用設定』をクリック
    Windowsタスクバー色

    中央にある付近にある『個人用設定』をクリックしましょう。

  • STEP4
    『色』をクリック
    Windowsタスクバー色

    上から2番目の『色』をクリックしましょう。

  • STEP5
    『アクセントカラーから選ぶ』
    Windowsタスクバー色

    自分の雰囲気に合わせてアクセントカラーを変更してください。

レッド系に変更

色:ライト
アクセントカラー:レッド

Windowsタスクバー色

ブルー系に変更

色:ライト
アクセントカラー:ブルー

Windowsタスクバー色

ライターからひとこと

Windowsのタスクバーの色を変更する方法について解説しました。

自分の好みの色に変更することで『モチベーション』が上がります。

また、それだけでなく見慣れた色のほうが『見やすさ』や『認識』も向上します。

ぜひ、この際にタスクバーの色を変更してみては。

クラウドソーシング

クラウドソーシングを賢く立ち回る方法を実践して月額の収益を安定させましょう。

クラウドソーシング型マッチングサービスの賢い立ち回り方法は、メインサイトを1~2個をメインに絞り、サブメインに2個程活用するのがおすすめです。

ECサイトの運営と同様に自社サイトの設立はもちろん、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazon、Qoo10など、他のモールに展開したほうが大きな売上が見込めるからです。
アクセス数が多いクラウドソーシング型マッチングサービスをメインにおき、アクセス数がそこまでなく、取引自体少なそうなクラウドソーシングをサブに置くのが適切です。

登録した初めのころは、仕事も少なく、募集案件に応募する形となります。
また、クライアント側の判断材料として『レビュー評価』『取引実績』です。そのため新規でアカウント作成してもなかなかいい仕事が見つからないときもあります。
それを回避するためにも、複数のクラウドソーシング型マッチングサービスを活用する方がバランスよく仕事が見つかります。

余談ではありますが、ひとつのクラウドソーシング型マッチングサービスで実績が貯まれば他のサイトに告知すると効果抜群です。実績や高評価レビューがなくても確かな信頼を獲得できるはずです。

例:クラウドワークスでも活躍中!レビュー:4.6 総取引実績 30件 高品質をモットーに○○を提供させていただきます。