MENU

アクセス中古ドメインの良い評判と悪い評判を徹底解説!メリットでとデメリットを合わせて解説!

こんにちは、とらいく(@trykmagazine)です。
このブログでは、本業×副業でよりよいライフスタイルを提案するためのヒントになるための情報を発信しています。
TRYKMAGAZINE
       
悩み人
・そもそもアクセス中古ドメインとはなに?
・アクセス中古ドメインの評判を知りたい!
・アクセス中古ドメインを利用するメリットとデメリットを知りたい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • アクセス中古ドメインとは
  • アクセス中古ドメインの良い評判と悪い評判
  • アクセス中古ドメインの利用するメリットとデメリット

ブログや自社のホームページを立ち上げる時、基本、新規ドメインで取得する方が多いです。

しかし、新規ドメインよりも中古ドメイン方が、過去の評価を引き継げるのでインデックスされやすい傾向にあり、比較的アクセスが集まりやすいです。

中古ドメインの中でも人気の高いアクセス中古ドメインですが、実際の評判はどうなのでしょう。

本記事では、アクセス中古ドメインの良い評判と悪い評判からメリットとデメリットを合わせてご紹介します。

アクセス中古ドメインとは

アクセス中古ドメイン

会社名 株式会社アクセスジャパン
所在地 北海道札幌市中央区北三条西28丁目2-1サンビル6F
設立日 2012年11月28日
資本金 1,000万円
ホームページ https:

アクセス中古ドメインは、株式会社アクセスジャパンが運営する中古ドメインの販売サービスです。

数少ない中古ドメインサイトの中でも、中古ドメインの数が3,000以上と多く、企業をはじめ個人で購入されている「中古ドメイン」を専門としている会社です。

TRYKMAGAZINE
TOH
有名な中古ドメインサイトと言えば、「中古ドメイン販売屋」「アクセス中古ドメイン」ですが、僕は、徹底的に比較して伸びやすそうな中古ドメインを「アクセス中古ドメイン」で購入しました。

アクセス中古ドメインの良い評判

さっそく、アクセス中古ドメインの良い評判を見ていきましょう。

悪い評判はなく、良い評判ばかり見受けられます。
というのも、もし、ペナルティ等の発覚があれば返品交換ができるので安心だからです。

なお、検索上位が狙いやすいという声も多数ありました。

詳しくご紹介します。

良い評判1

新規ドメインよりも検索上位が狙える

その他の良い口コミ

アクセス中古ドメインのメリット

先ほど紹介しました、アクセス中古ドメインの良い評判と悪い評判を元にメリットをご紹介します。

アクセス中古ドメインのメリット

アクセス中古ドメインのメリットは、次の通りです。

アクセス中古ドメインのメリット
  1. 中古ドメインはSEO対策に効果的である
  2. 中古ドメインのランク分けされている
  3. フィルター機能が優れており探しやすい
  4. 返品制度があるので安心

詳しくご紹介します。

メリット1

中古ドメインはSEO対策に効果的である

中古ドメインは新規ドメインと比べて、SEOに効果的です。

というのも、過去の運営されていた実績をそのまま引き継げるため、ドメインパワーの強さが異なるからです。

ドメインパワーが強いと以下の恩恵が受けられます。

  • インデックスのスピードが速い
  • 過去の被リンクを活用できる
  • 検索上位を狙いやすい

アクセス中古ドメインは他の中古ドメインと比べると、パワーが強いドメインが豊富な印象があります。

TRYKMAGAZINE
TOH
個人的には、有名な中古ドメインの販売屋さんドメインオークションよりもアクセス中古ドメインをおすすめします。
というのも、良質なドメインが比較すると多く、ドメインパワーが強いからです。
メリット1

中古ドメインのランク分けされている

アクセス中古ドメインは、ドメインのパワーによってランク分けされています。

アクセス中古ドメインの中古ドメインはをランク分けして販売しています。
最高品質は『プラチナランク』で教育機関や公共機関のリンクを受けているドメインやお手頃の価格で手に入る『シルバーランク』もあります。

パワーランク 価格 特徴
シルバー ~34.9 ¥1,800~ 品質はこだわりつつも、お手頃価格でバランスが良い。
ゴールド 35.0~49.9 ¥10,000~ 一番人気!ハイクラスなサテライトからメインサイト用途までカバー。
プラチナ 50.0~ ¥40,000~ 当店で最もSEO価値が高く、プレミアムな中古ドメイン。
TRYKMAGAZINE
TOH
失敗せずに中古ドメインを購入したい方は「プラチナランク」を視野に入れましょう。

このランク分けされたドメインでドメインの強さが瞬時に理解できます。
なので、購入前の比較や検討の材料にできるメリットがあり、比較的、誤った購入や思っていたドメインパワーと違い!なんてことを避けれるでしょう。

個人的に初心者であれば「ゴールドランク」、本格的なサイトで集客を狙いたいなら「プラチナランク」がおすすめです。

TRYKMAGAZINE
TOH
初心者がいきなり、5万円クラスのドメインを購入しても、ドメイン代金を回収できないリスクがあります。
リスクを減らしてなおかつ、アクセスを最大限に増やしたいなら、新規ドメインよりも「シルバーランク」か「ゴールドランク」のドメインをおすすめします。
メリット3

フィルター機能が優れており探しやすい

アクセス中古ドメインは、ドメインを選ぶ際に、こと細かく自分の価格やドメインパワーの強さを設定して選定できる魅力があります。

下記画像を見てわかる通り、こと細かく設定して選ぶことができます。

このフィルターを使えば、失敗することなく自分の希望するドメインを選ぶことが可能でしょう。

なお、フィルター機能に加えて、サイトの運営者に「希望のドメイン」を探してもらえるサポートもあります。
失敗しそうで不安な方は、サポートにドメインを選定してもらうのも一つの手です。

メリット4

返品制度があるので安心

アクセス中古ドメインで購入してからもし、ペナルティが発覚した場合、返品対応してくれる保証制度があります。

ただし、返品依頼はドメインを購入してからの5日と23時59分までです。

ですが、費用を返品しくれるので安心してお買い物することができます。

TRYKMAGAZINE
TOH
中古ドメインの最大のデメリットと言える、「ペナルティの有無」ですが、購入してから発覚した場合、返品保障制度があるのは安心して購入できますね。

アクセス中古ドメインのデメリット

先ほど紹介しました、アクセス中古ドメインの良い評判と悪い評判を元にデメリットをご紹介します。

アクセス中古ドメインのデメリット

アクセス中古ドメインのデメリットは、次の通りです。

アクセス中古ドメインのデメリット
  1. 中古ドメインの購入費用が高い
  2. 中古ドメインなので過去にペナルティを受けている可能性が高い

詳しくご紹介します。

デメリット1

中古ドメインの購入費用が高い

アクセス中古ドメインの評判に「購入費用が高い」という口コミがありました。

実際に、アクセス中古ドメインに限らず、新規ドメインと比べると中古ドメインは高いのは事実です。

しかし、他の中古ドメインサイトと比べると、アクセス中古ドメインのドメインはお手頃の価格で手に入れれます。

TRYKMAGAZINE
TOH
この金額綿は新規ドメインと比べると高いですが、妥協するしか解決方法はありません。
数千円代の「シルバーランク」のドメインや最大70%OFFドメインから選びましょう。
デメリット1

中古ドメインなので過去にペナルティを受けている可能性が高い

アクセス中古ドメインに限らず、中古ドメインは過去にペナルティを受けている可能性があり得ます。

とはいえ、アクセス中古ドメインで購入後、もし、ペナルティが発覚した場合に返金してくれる制度があるので、あまりこの評判は気にする必要はありません。

アクセス中古ドメインの選び方

失敗しない中古ドメインの選び方

新規ドメインの価格よりも、高額になるため失敗はしたくないですよね。
ですが、中古ドメインは実際に運用してみないと明確には良いのか悪いのかわからないところもあります。

ですが、以下の選び方を意識すれば失敗するリスクは減らせれます。

  1. ドメインが過去ペナルティを受けていないか確認する
  2. ドメインパワーが強いドメインから選ぶ
  3. 過去に運営されていたジャンルと合わせる
  4. トップページにリンクの多い中古ドメインを選ぶ
  5. 教育機関・公共施設などのサイトから被リンクがある中古ドメインを選ぶ

①~⑤まで順を追って大切です。
全て兼ね備えているドメインは高額になっているので予算と相談しながら、成功しやすいドメインを選べば間違えないです。

では、一つ一つ見ていきましょう。

選び方1

ドメインが過去ペナルティを受けていないか確認する

先ほど、説明しましたが、過去にペナルティを受けていないか事前に確認しましょう。
というのも、ペナルティを受けていた場合、中古ドメインで購入するメリットがないからです。

中古ドメインを購入する際は、安全なアクセス中古ドメイン中古ドメイン販売屋さんで購入しましょう。

この二つは手動または自動で事前にペナルティを受けていないか確認しています。
購入後、もし、ペナルティが発覚した場合に返品対応してくれるので安心できますよ!

選び方2

ドメインパワーが強いドメインから選ぶ

ドメインパワーとは、中古ドメインの強さを表したもの(数値)です。
このドメインパワーは『被リンクの質・数』や『運用年数』によって異なります。

ドメインを購入する前にパワーランクチェックツールでドメインを一度チェックしましょう。

パワーランクはSEOの観点から、サイトの強さという視点で評価・判断します。

TRYKMAGAZINE
TOH
ジャンルによって異なりますが、中古ドメインであれば25以上は欲しいところです。
選び方3

過去に運営されていたジャンルと合わせる

新しく始める予定のジャンルと同じジャンルの中古ドメインを選ぶことも重要です。

というのも、過去の運用歴を引き継がれ、同じジャンルのドメインを購入することで、効果が大きくGoogleからの評価も高くなるからです。

ともあれ、『ダイエット』のジャンルで過去に『ギャンブル系』で運用されている中古ドメインを購入しても、関連性が低いとみなされます。

そなうならためにも、過去の運営されていたジャンルと合わせるのがセオリーです。

ジャンルの合わせ方は、ドメイン名で判断するか、過去の記事で判断するか、中古ドメインサイトの過去ジャンルから判断しましょう。

選び方4

トップページにリンクの多い中古ドメインを選ぶ

トップページ以外の被リンクもドメインパワーには反映されますが、記事ごとのURL(パーマリンク)を合わせないと『404エラー』になります。

記事ごとのURL(パーマリンク)を過去運営されてい時の記事URLに合わせるのは困難で、404エラーが必然的に多くなりGoogleからの評価も低くなるのです。

トップページのドメインリンクはそのままですのでせっかくの被リンクを無駄にならないです。
ですので、トップページの被リンクが多いものを選びましょう。

選び方5

教育機関・公共施設などのサイトから被リンクがある中古ドメインを選ぶ

教育機関や地方自治体などの被リンクがある中古ドメインは貴重です。
教育機関や公共施設は権威性の要素が多いので、間接的に権威性を得ることができます。

ただの被リンクとは違い、得にくい被リンクなのであるといいでしょう。

TRYKMAGAZINE
TOH
Googleは権威性を重視しているのでこういった中古ドメインはかなり優遇されますよ!
ですが、その分料金は高くなります。

アクセス中古ドメインの購入方法と手順

次にアクセス中古ドメインでドメインを購入する手順をご紹介します。

アクセス中古ドメインで購入する手順れ
  • 1.ドメインを選ぶ
  • 2.購入したいドメインあればカートに入れる
  • 3.購入する

では、ひとつひとつ見ていきましょう。

手順1

中古ドメインを選ぶ

トップページから「販売中のドメインリストを見る」をクリックすると、中古ドメインの一覧が表示されます。

3,000個以上あるドメインを1つ1つ見ていくのは時間がかかるので「かんたん検索」や「詳細検索フィルター」機能を活用すると便利で、予算に合わせたドメインを選べます。

また、アクセス中古ドメインのドメインの選び方は2通りあります。

  1. 自分で査定して選ぶ
  2. お問い合わせからジャンルにあったドメインを選んでもらう

どちらがいいとははっきり言えないですが、自分で査定しつつ、サイト運営者に選んでもらうのが失敗のリスクは少ないです。

手順2

購入したいドメインあればカートに入れる

欲しいドメインが見つかれば、「カートに入れる」を選択しましょう。
ドメインをカートに入れた後に、「Pure Domain」と「VALUE-DOMAIN」のアカウントを登録しているかとドメイン名が間違っていないか確認してください。

もし、間違えたまま購入してしまうと返品交換できませんのでご注意ください。

手順3

購入したいドメインあればカートに入れる

もう一度、ドメインネームを確認して、間違えなければ「購入手続き」を選択します。

ドメインネームを確認して「次へ」を選択すると、支払い方法の選択ページへ移動します。
支払い方法を選択して「次へ」と進みましょう。

最後に、「ご注文完了」を選択すると購入完了です。

メニューからご注文履歴・領収書を確認してください。

移管済みになっていれば、問題ありません。

「移管失敗」が表示されたら?

「移管済み」の箇所がもし、「移管失敗」と表示されたら、直ちにアクセス中古ドメインに問い合わせましょう。

購入後の手順は、下記の「失敗しないアクセス中古ドメインの登録や購入方法からWordPress(ワードプレス)導入設定を分かりやすく解説!【VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)】」でご紹介しています。合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
失敗しないアクセス中古ドメインの登録や購入方法からWordPress(ワードプレス)導入設定を分かりやすく... こんな悩みを解決します。 本記事の内容 アクセス中古ドメインの登録方法 アクセス中古ドメインの購入方法 中古ドメインをサーバーに紐付けてWordpress(ワードプレス)...

まとめ:中古ドメインを購入するならアクセス中古ドメインがおすすめ

アクセス中古ドメインの良い評判からメリットとデメリットをご紹介しました。

僕がアクセス中古ドメインをリサーチした中でも、悪い評判は見受けられなく、良い評判ばかりでした。
まだ、口コミ数も少ないですが、好評でした。

本記事ご紹介した「メリット」と「デメリット」をまとめると次の通りです。

アクセス中古ドメインのメリット
  1. 中古ドメインはSEO対策に効果的である
  2. 中古ドメインのランク分けされている
  3. フィルター機能が優れており探しやすい
  4. 返品制度があるので安心
アクセス中古ドメインのデメリット
  1. 中古ドメインの購入費用が高い
  2. 中古ドメインなので過去にペナルティを受けている可能性が高い

なお、おすすめの中古ドメインサイトは次のものです。

これらの中から自分のテーマにあった、中古ドメインを選定していきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

副業で稼いでいくために「とにかくタメになる記事」にこだわって副業に関連した情報を発信しています。
副業でブログ運営をはじめ、クラウドソーシング・コンサルティング・WEBマーケティング(SEO)。動画編集・ホームページ制作・ECサイト運営のお仕事をしています。