MENU

中古ドメインはどのくらいの値段を購入したらいい?選び方からおすすめサイトを紹介!

こんにちは、とらいく(@trykmagazine)です。
このブログでは、本業×副業でよりよいライフスタイルを提案するためのヒントになるための情報を発信しています。
TRYKMAGAZINE
       
悩み人
・中古ドメインはどのくらいの値段を購入したらいいのか?
・目的によってどのくらいの値段を購入すればいいのかを知りたい!
・値段相場と合わせておすすめのサイトを知りたい!

こんな悩みを解決します。

中古ドメインは、数千円のものから数十万円の中古ドメインがあります。
高い中古ドメインを購入したからと言って検索順位が保証されているわけではありません。

実際に、どのくらいの値段を購入していいのか迷うものですよね。

本記事では、中古ドメインの目的別に応じた値段の相場から中古ドメインのおすすめサイトをご紹介します。

TRYKMAGAZINE
TOH
この記事を読んでどのくらいの値段を購入したらいいのかを理解して、中古ドメインサイトのイベントやキャンペーンをうまく利用して誰よりもお得に購入しましょう。

中古ドメインはどのくらいを値段がおすすめなの?

中古ドメインはどのくらいを値段がおすすめなの?

中古ドメイン値段は、数千円のものから数十万円のものまで幅広くあります。

たとえば、一つの目安ですが、こちらの表を参考にしてください。

  • メインサイト:10,000円~100,000円
  • サテライトサイト:3,000円~30,000円

おおよその基準はこちらになると思います。
新規ドメインを取得したことがない初心者の方でメインサイトとして利用する場合は、5,000円~15,000円がおすすめで狙い目です。

高額なものでも検索順位が上がらない可能性がある

確かに、中古ドメインで購入する際、金額が高く設定されているほうが被リンクの質や量がいいです。
しかし、高額なものを選べば必ずしも、それに見合った効果がでるとはありません。

中古ドメインにも当たりやはずれがあるため、価格で選ぶより方はサイト運営の仕方で選ぶのがセオリーです。

TRYKMAGAZINE
TOH
中古ドメインの価格よりもどんなサイトとして運営するのかを明確にして購入したほうがいいです。

目的に応じてドメインを選ぼう

目的に応じてドメインを選ぼう

中古ドメインを選ぶ際は、あなたの目的別で選びましょう。

  • メインサイトとして運用するドメインなのか
  • メインサイトにリンクを貼るためのサテライトサイトとして運用するドメインなのか

これらをまずは明確にしてドメインの方向性を意識しましょう。

1

メインサイトとして運用する

メインサイトとして運営する場合、基本、値段が高いドメインのものをお勧めします。
値段の高さと品質(被リンク数の多さやドメインの運用年齢)が必ずしも、比例するとは限りません。
ですが、値段が高いドメインのほうが圧倒的に優位なのは間違えありません。

TRYKMAGAZINE
TOH
実際に、5万円の中古ドメインを購入して1ヶ月目で2万円の収益が発生しました。
そこから2ヶ月目で合計20万円の収益化を達成しています。

これは、ドメインが良く、運がよかったことなので一概には言えませんが、値段が高いほうが効果はすぐに発揮することでしょう。

2

メインサイトにリンクを貼るためのサテライトサイトとして運用する

メインサイトに貼るための中古ドメインの方法はサテライトサイトと呼ばれ、SEO的にも効果的な方法です。

ある程度の被リンク数のある中古ドメインであれば、メインサイトに強いリンクを流し込むことができます。

その結果、それほど時間や手間を賭けなくても、短時間で検索上位を上げる効果に期待できます。

TRYKMAGAZINE
TOH
メインサイトで狙う検索キーワードの難易度が高い場合、被リンクの量や質の良い中古ドメインをサテライトサイトとして利用すれば、ある程度の被リンク対策をすることができます。

ですが、サテライトサイトを利用して被リンク対策をするにしてもある程度の時間と労力がかかります。

初心者は5,000円~15,000円前後くらいのドメインがおすすめ

初心者は5,000円~15,000円前後くらいのドメインがおすすめ

初心者が新規メインサイトとして立ちげるのであれば、5,000円~15,000円ほどが望ましいです。

というのも、いきなり5万円のドメインを購入しても全然伸びないなんてことがあり得ます。
そうなると、この5万円を回収することが難しくなるので、費用が無駄になってしまう恐れもあります。

初めて中古ドメインを購入するのであれば、5,000円~15,000円がいいでしょう。

5,000円~15,000円といってもむやみやたらに中古ドメインを購入するのではなく、ある程度のドメイン年齢や被リンクの質を見極めて購入するばハズレのドメインを選ぶことも少ないでしょう。

TRYKMAGAZINE
TOH
5,000円~15,000円の中古ドメインであれば、大きなキーワードを攻めても、成果はほど遠いです。
なので、あまり競合するキーワードが少ないところから攻めていくのがセオリーです。

おすすめの中古ドメインサイト

中古ドメインのおすすめサイトは以下の2つです。

おすすめ中古ドメインサイト
  1. アクセス中古ドメイン:SEO・集客に有効な高スコアドメインが多いサイト
  2. 中古ドメイン販売屋さん:SEO効果に特化した中古ドメインサイト

こちらは大手企業などが使っているサイトです。
個人アフィリエイトでいち早く成果を出したい方にもかなりおすすめなので、中古ドメインは活用を視野に入れておきましょう。

より詳しくは「初心者におすすめの中古ドメインサイト2選!メリットとデメリットから選び方をご紹介!」を合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
初心者におすすめの中古ドメインサイト2選!メリットとデメリットから選び方をご紹介! こんな悩みを解決します。 本記事の内容 おすすめ中古ドメインサイト 中古ドメインのメリットとデメリット 中古ドメインの選び方 アフィリエイトやブログで稼ぎたい方で...

中古ドメインでおすすめなのがアクセス中古ドメイン

中古ドメインでおすすめなのがアクセス中古ドメイン
複数の中古ドメインサイトがあるが、中でも使い勝手が良くて、数か月後には成果が出ているアクセス中古ドメインが一択です。

というのも、アクセス中古ドメインのドメインはランク別に分けれており、購入する際の目安になります。

アクセス中古ドメインには、「ゴールド」「シルバー」「プラチナ」ランクと3種類分かれています。

ランク別に分けれているものを目的別に分けるとすると、次の通りです。

  • 「ゴールド」:サテライトサイトやサブサイトとして利用
  • 「シルバー」:競合が少ない場合、メインとしての利用
  • 「プラチナ」:メインサイトとしての利用

基本的にどのランクもメインサイトとして利用できるのですが、うまく利用すれば最大限の収益を生み出すことができます。

現在のアクセス中古ドメインの割引キャンペーンイベントを見る

なお、アクセス中古ドメインで販売されている中古ドメインは、ペナルティーがないドメインを販売しています。
もし、購入してから手動でペナルティーが発覚した場合、問い合わせすれば返品交換を受け付けています。

もしもの場合に備えられるのでかなりおすすめです。

中古ドメインの選び方のポイント

新規ドメインの価格よりも、高額になるため失敗はしたくないですよね。
ですが、中古ドメインは実際に運用してみないと明確には良いのか悪いのかわからないところもあります。

ですが、以下の選び方を意識すれば失敗するリスクは減らせれます

  1. ドメインが過去ペナルティを受けていないか確認する
  2. ドメインパワーが強いドメインから選ぶ
  3. 過去に運営されていたジャンルと合わせる
  4. トップページにリンクの多い中古ドメインを選ぶ
  5. 教育機関・公共施設などのサイトから被リンクがある中古ドメインを選ぶ

詳しくはこちらと合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
アクセス中古ドメインの失敗しない見分け方5つ!中古ドメインの選び方を徹底解説! こんな悩みを解決します。 本記事の内容 アクセス中古ドメインの見分け方 アクセス中古ドメインの選び方 アクセス中古ドメインで中古ドメインを購入したいけど、どのド...

まとめ:中古ドメインを購入する際は目的別に選ぼう

中古ドメインはどのくらいの値段がいいのかについてご紹介しました。

中古ドメイン値段は、数千円のものから数十万円のものまで幅広くあります。

中古ドメインの値段の目安
  1. メインサイト:10,000円~100,000円
  2. サテライトサイト:3,000円~30,000円

おおよその基準となります。

なお、初心者の方でメインサイトとして利用するなら5,000円~10,000円程がおすすめです。

中古ドメインなら下記のサイトから選ぶようにしましょう。

大手企業サイトから個人の方まで幅広く使われています。

おすすめ中古ドメインサイト
  1. アクセス中古ドメイン:SEO・集客に有効な高スコアドメインが多いサイト
  2. 中古ドメイン販売屋さん:SEO効果に特化した中古ドメインサイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

副業で稼いでいくために「とにかくタメになる記事」にこだわって副業に関連した情報を発信しています。
副業でブログ運営をはじめ、クラウドソーシング・コンサルティング・WEBマーケティング(SEO)。動画編集・ホームページ制作・ECサイト運営のお仕事をしています。