MENU

アクセス中古ドメインの失敗しない見分け方5つ!中古ドメインの選び方を徹底解説!

こんにちは、とらいく(@trykmagazine)です。
このブログでは、本業×副業でよりよいライフスタイルを提案するためのヒントになるための情報を発信しています。
TRYKMAGAZINE
       
悩み人
・アクセス中古ドメインの見分け方とかあるの?
・アクセス中古ドメインの見方を知りたい!
・アクセス中古ドメインで失敗しない選び方ってあるの?

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • アクセス中古ドメインの見分け方
  • アクセス中古ドメインの選び方

アクセス中古ドメインで中古ドメインを購入したいけど、どのドメインを購入していいかわからないですよね。

アクセス中古ドメインで5万程で購入して運用したのと新規ドメインで6ヶ月運用した結果、断然、中古ドメインがおすすめです。

本記事では、アクセス中古ドメインの見分け方から失敗しない選び方をご紹介します。

5万円の中古ドメインを購入

実際に、アクセス中古ドメインで5万円の中古ドメインを購入しました。
購入したドメインの概要は次の通りです。

5万円の中古ドメインを購入

TRYKMAGAZINE
TOH
アクセス中古ドメインで約5万円の中古ドメインを購入しました。
高かったですが、新規ドメインよりは伸びるので、期待して頑張って購入しました。

購入したドメインの詳細データ

購入したドメインの指標データは次の画像を参照してください。

購入したドメインの詳細データ

ドメイン名 .net
価格 49,500
パワーランク 63.0(プラチナランク)
TOP割合 3%
被リンクドメイン数 332
被リンク数 2,604
ドメイン年齢 18年8ヵ月

購入したドメインの詳細データ

日本語での運用暦: あり
アフィリエイトサイト運用暦 なし
サテライトサイト運用暦 なし
アダルトサイト運用暦 なし
TRYKMAGAZINE
TOH
5万円ほどで高かったですが、アフィリエイトで長期的にプラスになるならと思い、頑張って購入しました。

アクセス中古ドメインでドメインを購入して1週間運営した結果

購入した中古ドメインと新規で取得して5ヶ月経った新規ドメインで比較してみた結果が次の画像の通りです。
アクセス中古ドメインでドメインを購入して1週間運営した結果

新規ドメインの方は、ロングテールキーワードで1ページに入っているものの、中古ドメインは、1週間程で2ページもしくは3ページにランクインしています。

なお、新規ドメインはいまだにインデックスされていないのもあり、全体的に中古ドメインよりスピード感が足りないように感じられました。

なお、中古ドメインのおすすめサイトは以下でご紹介しています。合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
初心者におすすめの中古ドメインサイト2選!メリットとデメリットから選び方をご紹介! こんな悩みを解決します。 本記事の内容 おすすめ中古ドメインサイト 中古ドメインのメリットとデメリット 中古ドメインの選び方 アフィリエイトやブログで稼ぎたい方で...

失敗しないアクセス中古ドメインの見分け方

アクセス中古ドメインで失敗しない中古ドメインの見分け方をご紹介します。
ぜひ参考にしていただいて、失敗しない見分け方を身につけましょう。

失敗しない見分け方
  1. ドメインパワーを外部ツールで比較する
  2. ドメインのジャンルをチェックする
  3. 被リンク数をチェックする
  4. ペナルティがないかチェックする
  5. 過去の運用歴をチェックする

詳しく見ていきましょう。

見分け方1

ドメインパワーを外部ツールで比較する

アクセス中古ドメインでドメインを選定するとき、ahrefsでドメインパワーをチェックしましょう。

例えば、狙いたいキーワードの上位表示されているドメインパワーと購入予定のドメインパワーを比較しましょう。

アクセス中古ドメインで購入したドメインパワーは「36」
アクセス中古ドメインで購入したドメインパワーは「36」

本ブログのドメインパワー「0」

本ブログのドメインパワー「0」

TRYKMAGAZINE
TOH
悲しいことに本ブログのドメインパワーはゼロでした。
中古ドメインのほうが約30倍のドメインパワーがあるということですね。

狙いたいカテゴリーやジャンル、参考にしているサイトと中古ドメインを見比べましょう。

アクセス中古ドメインはこちらから

見分け方2

ドメインのジャンルをチェックする

アクセス中古ドメインでは、主要トピックのジャンルをチェックすることができます。

ドメインのジャンルをチェックする

僕はゲーム系のメディアを作成予定だったので、「Games」がついているドメインを選びました。

というのも、中古ドメインを使用する際、過去の運用歴を引き継ぐので全く異なるジャンルよりは、似たジャンルが好ましいのです。

例えば、中古ドメインが過去にゲームジャンルで運営していたのに対して、不動産のサイトを運用していくのはSEO上弱くなる傾向にあります。

ですので、自分が運用したいジャンルが過去に運用されていたかチェックしましょう。

アクセス中古ドメインはこちらから

見分け方3

被リンク数をチェックする

被リンク数をチェックする

被リンク数をチャックしましょう。
この被リンク数は、SEO上に非常に重要なので、確認してください。

被リンク数が多ければ多いほど良いとされています。

アクセス中古ドメインはこちらから

見分け方4

ペナルティがないかチェックする

ペナルティがないかチェックする

Googleサーチコンソールの手動ペナルティがないか事前にチェックしましょう。

アクセス中古ドメインは、手動でペナルティがないか事前に確認していますが、念のため確認しておきましょう。
また、中古ドメインを購入後、ペナルティが発覚した際に問い合わせれば、返金対応してくれるので、安心して購入できるのも魅力の一つです。

見分け方5

過去の運用歴をチェックする

過去の運用歴をチェックする

過去の運用歴をチェックしましょう。

すべて「なし」になっているか念のためチェックしておきましょう。

アクセス中古ドメインの失敗しない選び方

失敗しない中古ドメインの選び方

新規ドメインの価格よりも、高額になるため失敗はしたくないですよね。
ですが、中古ドメインは実際に運用してみないと明確には良いのか悪いのかわからないところもあります。

ですが、以下の選び方を意識すれば失敗するリスクは減らせれます。

  1. ドメインが過去ペナルティを受けていないか確認する
  2. ドメインパワーが強いドメインから選ぶ
  3. 過去に運営されていたジャンルと合わせる
  4. トップページにリンクの多い中古ドメインを選ぶ
  5. 教育機関・公共施設などのサイトから被リンクがある中古ドメインを選ぶ

①~⑤まで順を追って大切です。
全て兼ね備えているドメインは高額になっているので予算と相談しながら、成功しやすいドメインを選べば間違えないです。

では、一つ一つ見ていきましょう。

選び方1

ドメインが過去ペナルティを受けていないか確認する

先ほど、説明しましたが、過去にペナルティを受けていないか事前に確認しましょう。
というのも、ペナルティを受けていた場合、中古ドメインで購入するメリットがないからです。

中古ドメインを購入する際は、安全なアクセス中古ドメイン中古ドメイン販売屋さんで購入しましょう。

この二つは手動または自動で事前にペナルティを受けていないか確認しています。
購入後、もし、ペナルティが発覚した場合に返品対応してくれるので安心できますよ!

選び方2

ドメインパワーが強いドメインから選ぶ

ドメインパワーとは、中古ドメインの強さを表したもの(数値)です。
このドメインパワーは『被リンクの質・数』や『運用年数』によって異なります。

ドメインを購入する前にパワーランクチェックツールでドメインを一度チェックしましょう。

パワーランクはSEOの観点から、サイトの強さという視点で評価・判断します。

TRYKMAGAZINE
TOH
ジャンルによって異なりますが、中古ドメインであれば25以上は欲しいところです。
選び方3

過去に運営されていたジャンルと合わせる

新しく始める予定のジャンルと同じジャンルの中古ドメインを選ぶことも重要です。

というのも、過去の運用歴を引き継がれ、同じジャンルのドメインを購入することで、効果が大きくGoogleからの評価も高くなるからです。

ともあれ、『ダイエット』のジャンルで過去に『ギャンブル系』で運用されている中古ドメインを購入しても、関連性が低いとみなされます。

そなうならためにも、過去の運営されていたジャンルと合わせるのがセオリーです。

ジャンルの合わせ方は、ドメイン名で判断するか、過去の記事で判断するか、中古ドメインサイトの過去ジャンルから判断しましょう。

選び方4

トップページにリンクの多い中古ドメインを選ぶ

トップページ以外の被リンクもドメインパワーには反映されますが、記事ごとのURL(パーマリンク)を合わせないと『404エラー』になります。

記事ごとのURL(パーマリンク)を過去運営されてい時の記事URLに合わせるのは困難で、404エラーが必然的に多くなりGoogleからの評価も低くなるのです。

トップページのドメインリンクはそのままですのでせっかくの被リンクを無駄にならないです。
ですので、トップページの被リンクが多いものを選びましょう。

選び方5

教育機関・公共施設などのサイトから被リンクがある中古ドメインを選ぶ

教育機関や地方自治体などの被リンクがある中古ドメインは貴重です。
教育機関や公共施設は権威性の要素が多いので、間接的に権威性を得ることができます。

ただの被リンクとは違い、得にくい被リンクなのであるといいでしょう。

TRYKMAGAZINE
TOH
Googleは権威性を重視しているのでこういった中古ドメインはかなり優遇されますよ!
ですが、その分料金は高くなります。

まとめ:アクセス中古ドメインで購入する際は正しく見極めよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

副業で稼いでいくために「とにかくタメになる記事」にこだわって副業に関連した情報を発信しています。
副業でブログ運営をはじめ、クラウドソーシング・コンサルティング・WEBマーケティング(SEO)。動画編集・ホームページ制作・ECサイト運営のお仕事をしています。