MENU

中古ドメインを利用するメリットとデメリットとは!おすすめのドメインもご紹介!

こんにちは、とらいく(@trykmagazine)です。
このブログでは、本業×副業でよりよいライフスタイルを提案するためのヒントになるための情報を発信しています。
TRYKMAGAZINE
       
悩み人
・中古ドメインを利用するメリットとを知りたい!
・利用する価値はあるの?
・中古ドメインと新規ドメインを詳しく知りたい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • 中古ドメインのメリットとデメリット
  • 新規ドメインのメリットとデメリット
  • 中古ドメインと新規ドメインを各項目で比較

サイトを立ち上げた際、基本、『サーバー』と『ドメイン』が必要です。
ドメインを取得する際に、おそらく新規ドメインを取得して運営する人が多いのではないでしょうか。

というのも、中古ドメインという存在を知らない人が多いからです。

本記事では、中古ドメインを活用するメリットとデメリットを詳しくご紹介します。

新規ドメインと中古ドメインとは

新規ドメインと中古ドメインとは
ドメインの種類は大きく分けて『新規ドメイン』と『中古ドメイン』の2つあります。

  • 新規ドメイン:サイトの運用歴のなく、ゼロから取得して運用する新しドメインのこと。
  • 中古ドメイン:過去に誰かが運用したドメインです。
    過去のサイト評価を引き継がれるので、SEO対策に効果的。

それぞれ、メリットとデメリットがあります。
詳しく見ていきましょう。

中古ドメインのメリット

中古ドメインのメリットは次の通りです。

中古ドメインのメリット
  1. 過去に運用されていた被リンクを活用できる
  2. SEO効果が大きく期待できる
  3. インデックススピードが速くなる
  4. 新規ドメインに比べて検索上位に表示されやすい

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット1

過去に運用されていた被リンクを活用できる

被リンクとは、そのドメインサイトに送られたリンクのことです。
逆にドメインサイトから送るリンクのころを発リンクと呼ばれます。

この被リンクはSEOに重要な役割を持っているだけでなく、リンクをたどって集客でも有利な立ち位置です。

中古ドメインは、基本、すでに被リンクを持っている状態が多いため、新規ドメインよりも検索結果が有利に働き集客にも効果的なのです。

メリット2

SEO効果が大きく期待できる

中古ドメインの最大のメリットは、SEO効果が高いことです。
というのも、中古ドメインを手に入れた段階から検索エンジンの評価対象となる可能性が高いからです。

新規ドメインの場合、通常6ヵ月から1年間をかけて検索流入を増やします。つまり、新規ドメインの場合は時間がかかるということです。
これにより、挫折してしまう人も少なくはないでしょう。

時間や労力を考えれば中古ドメインのほうが、コストパフォーマンスに優れており、利用する価値があるのです。

そもそもSEOとは?

Search Engine Optimization, 検索エンジン最適化のことです 簡単にいうと検索で上位表示するための施策です 検索で上位に表示されない限り、自サイトに集客できません
上位に表示するためにGoogleなどの検索エンジンに最適なサイトと評価してもらうための戦略です。

メリット3

インデックススピードが速くなる

Googleなどの検索エンジンにインデックスされるスピードが速いのも中古ドメインのメリットです。

インデックスとは、検索エンジンにサイト内記事が登録されることを指します。
このインデックスに登録されないとGoogleなどの検索エンジンで検索しても結果が表示されません。

中古ドメインは、過去の運用管理していた期間のクロール履歴が残っており、引き継げます。

つまり、すでにクローラーがWebサイトの存在自体を認知しているため、インデックスされやすく検索結果にも素早く反映されるのです。

メリット4

新規ドメインに比べて検索上位に表示されやすい

新規ドメインよりも検索上位に表示されやすい特徴があります。
というのも、「被リンク数」・「運用歴」というドメインパワーが圧倒的に違うし、Webサイトの存在自体クローラーが認知するまである程度の時間がかかるからです。

過去のドメインパワーが優秀な場合であれば、サイトを立ち上げた直後でも上位表示される可能性があり、新規ドメインに比べて上位表示されやすいです。

TRYKMAGAZINE
TOH
ただし、過去のサイトのランクが低かったり、ペナルティがそのまま引き継がれる恐れもあるため、SEOにとって逆効果もあり得ます。

中古ドメインのデメリット

中古ドメインのデメリットは次の通りです。

中古ドメインのメリット
  1. ドメイン取得費用がかかる
  2. 過去の悪い評価を引き継いでしまう
  3. ドメイン名が選べない

中古ドメインはメリットの良い部分だけでなく、デメリットもあります。
一つ一つ見ていきましょう。

デメリット1

ドメイン取得費用がかかる

新規ドメインと比べて、中古ドメイン取得には費用が発生します。
「被リンク数」や「運用歴」が多くドメインパワーが高い品質のいい中古ドメインは高く取引されています。

高い中古ドメインだからといって、SEOの効果が保証されているわけではありません。
そのため、いいドメインを手に入れたい場合は、ある程度の予算が必要でしょう。

TRYKMAGAZINE
TOH
私は、中途半端なドメインパワーが嫌だったので、予算5万円で設定し、探しました。その結果、SEOにも効果的で満足のいくドメインを手に入れれました。
価格が安くてもいい効果を生む中古ドメインはたくさんありますが、見極める能力が必要でしょう。
デメリット2

過去の悪い評価を引き継いでしまう

中古ドメインで最も注意したいのが、「ペナルティの引継ぎ」で過去に悪い評価を受けていた場合、そのまま引き継がれてしまいます。

その結果、SEO対策しても思うように結果が出ず、コストパフォーマンスが大きく落ちる可能性も十分あり得ます。

そうならないためにも、中古ドメインを購入する際は、菅らずペナルティの有無を確認してください。

アクセス中古ドメイン中古ドメイン販売屋さんこちらの2つは事前にペナルティの有無を確認して販売している安全なサイトです。
もし、ペナルティが発覚した場合、返品対応してくれるのでおすすめです。

Googleによるペナルティとは

Googleによるペナルティは、手動によるペナルティと自動ペナルティがあります。自動ペナルティはツールで判断できますが、手動ペナルティはサーチコンソールで調べます。
このGoogleによるペナルティがあると、検索結果に表示されなかったり、インデックスされなかったりする場合が十分あり得ます。

デメリット3

ドメイン名が選べない

新規ドメインとは違い、好きな配列でドメイン名を設定することができません。
新しく自社サービス名に一致しているものやサービスと近いドメイン名が欲しい場合でも中古ドメインで設定することは不可能です。

そのため、文字列にこだわりやブランドイメージを気にしている場合は、中古ドメインには向かないでしょう。

なお、アフィリエイトやブログで収益化を最大限に活かしたい方はかなりおすすめです。

新規ドメインのメリット

新規ドメインのメリットは次の通りです。

新規ドメインのメリット
  1. ドメインを安価で取得できる
  2. 今までの運用歴に左右されない

一つ一つ解説します。

メリット1

ドメインを安価で取得できる

中古ドメインと比べて、新規ドメインは安価に取得できる魅力があります。
というのも、新規ドメインは、サーバーを契約時に特典で永久で「.com/.net」などが利用できます。
エックスサーバーは、新規サーバー申し込みで無料で新規ドメインを獲得できるキャンペーンを行っています。
このキャンペーンをうまく活用すれば、ドメイン代はほぼゼロ円に等しいですよね。

通常だと、お名前.comで新規ドメインを取得するのが定番ですが、100円~3,000円以上かかります。

ですが、中古ドメインに比べて安価に新規ドメインを取得、運営することができます。

メリット2

今までの運用歴に左右されない

新規ドメインの場合、ゼロからのスタートなので過去の運用歴に左右されないです。
過去の運用歴がないので、一から自分で構築できるメリットがあります。

中古ドメインと比べる、Googleなどの検索エンジンにインデックス登録されるのは時間がかかります。
が、ペナルティの有無などの心配はありません。

新規ドメインのデメリット

新規ドメインのメリットは次の通りです。

新規ドメインのデメリット
  1. 検索エンジンから評価を受けるまでに時間がかかる

デメリットの内容を詳しく解説します。

デメリット1

検索エンジンから評価を受けるまでに時間がかかる

中古ドメインに比べると、はやり検索エンジンにインデックスに登録されるまでに時間がかかります。
というのも、ドメインパワーが異なり、スタートラインが違うからです。

とはいえ、中古ドメインのリスクもあるので、新規ドメインと中古ドメインを比べてどちらがいいのか決めましょう。

新規ドメインと中古ドメインのメリットとデメリットを比較

新規ドメインと中古ドメインはどちらも良いところと悪いところがあります。
以下の表を参考にしてください。

新規ドメイン 中古ドメイン
インデックスのされやすさ
(クロール頻度小)

(クロール頻度小)
検索順位の上げやすさ
(評価が安定しない)

(既に評価されている)
アクセス数の稼ぎやすさ
(当然誰も存在を知らない)

(リンク等をたどってアクセスがある)
被リンクの多さ
(リンクは0本スタート)

(過去のリンクがついたまま)
文字列の自由度
(空きドメインから自由に)

(販売されているドメイン名のみ)
ドメイン取得価格
(通常1600円程)

(2500円から様々な価格帯)
ドメイン更新費用
(通常1600円程)

(新規ドメインと全く同じ価格)
メリット ゼロからのスタートなので、自分の好きなドメインで運用できます。また、愛着をもって運用できるのもメリットですね。
低品質の中古ドメインを使うくらいなら新規ドメインの利用がおすすめです。
中古ドメインの最大のメリットは、過去の運用歴や被リンクなどの『ドメインパワー』を持った状態でサイトを運用することができる点です。
ドメインパワーが蓄積された状態だと、コンテンツ公開と同時に検索上位に表示できやすい特徴があります。)
デメリット 新規ドメインは、ゼロからのスタートなので、Googleの評価が安定しません。その結果、アクセスが集まらなく、半年~一年くらいはアクセスともに収益はゼロのままの可能性が十分あり得ます。さらに、数か月経っても育たないサイトもあります。その間に挫折する人も多いでしょう。 大きなデメリットはないですが、ドメインの文字列を選べない、多少の金額が発生するぐらいです。
また、低品質な中古ドメインを購入、利用した場合、検索エンジンでの悪影響あり、最悪の場合、ペナルティ対象となる場合があります。
とはいえ、信頼のおける中古ドメインサイトであれば、手動または自動でペナルティの有無を確認しています。もし、購入後、ドメインのペナルティが発覚し場合には、返品手続きが行えるので安心してご利用しただけます。)

新規ドメインと中古ドメインがおすすめな方はこんな人

中古ドメインは、すべての人におすすめというわけではありません。

アフィリエイトで収益化したい方やビジネスとしてSEO対策に取り組んでいる方にとって、「中古ドメイン」は最大の武器となります。

以下が新規ドメインと中古ドメインを使うべき人です。

新規ドメインはおすすめな方

  • ドメインの文字列を好きな文字にしたい
  • 公式サイトで自社ブランドをブランディングする企業や個人サイトの場合

中古ドメインはおすすめな方

  • いち早く成果を出したい
  • SEOで検索上位とりたい

中古ドメインを利用すれば、過去の運用歴を引き継げるため、培ったドメインパワーを存分に実感できます。

しかし、中古ドメインを利用したからと言って『楽に検索上位を獲れる』ということはあり得ません。
ですが、新規ドメインよりは優遇されるのでおすすめです。

TRYKMAGAZINE
TOH
反対に、長くじっくりサイトの成果を楽しみたい方は中古ドメインを使う必要はありません。

中古ドメインはいかにリスクを減らせるかが重要

中古ドメインはいかにリスクを減らせるかが重要
中古ドメインは、メリットだけではなく、リスクもつきものです。

中古ドメインのリスクをしっかり把握しましょう。

中古ドメインのリスク

  • 中古ドメイン取得にかかる料金
  • 中古ドメインのペナルティの有無

この2点が主なリスクです。

なお、しっかりと目的意識を持ち、事前調査や正しい運用でSEO対策を行えば、リスクも少なく短期間で検索順位を上げることも十分可能です。

新規ドメインを取得した場合のサイト構築とSEO対策にかかるコストと照らし合わせながら、中古ドメインを賢く運用しましょう。

TRYKMAGAZINE
TOH
お金に余裕のある方や、副収入で余裕のある方は中古ドメインを購入してもいいですね。

まとめ:

中古ドメインのメリットとデメリットそして、新規ドメインンのメリットとデメリットをご紹介しましたが、再度まとめます。

中古ドメインのメリットとデメリット

  • 過去に運用されていた被リンクを活用できる
  • SEO効果が大きく期待できる
  • インデックススピードが速くなる
  • 新規ドメインに比べて検索上位に表示されやすい
  • ドメイン取得費用がかかる
  • 過去の悪い評価を引き継いでしまう
  • ドメイン名が選べない

中古ドメインはおすすめな方

  • いち早く成果を出したい
  • SEOで検索上位とりたい

新規ドメインのメリットとデメリット

  • ドメインを安価で取得できる
  • 今までの運用歴に左右されない
  • 検索エンジンから評価を受けるまでに時間がかかる

新規ドメインはおすすめな方

  • ドメインの文字列を好きな文字にしたい
  • 公式サイトで自社ブランドをブランディングする企業や個人サイトの場合
中古ドメインのおすすめサイト
  1. アクセス中古ドメイン:SEO・集客に有効な高スコアドメインが多いサイト
  2. 中古ドメイン販売屋さん:SEO効果に特化した中古ドメインサイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

副業で稼いでいくために「とにかくタメになる記事」にこだわって副業に関連した情報を発信しています。
副業でブログ運営をはじめ、クラウドソーシング・コンサルティング・WEBマーケティング(SEO)。動画編集・ホームページ制作・ECサイト運営のお仕事をしています。